menu
Social media

ビジネス

潮目が変わった日本のM&A 外国企業による日本企業へのM&A市場(中)早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

Cover 3e7da278 3419 4b68 9eb5 33348353c280
早稲田大学商学学術院教授 早稲田大学高等研究所 所長 宮島英昭氏

日本のM&Aはどのように活性化し、どのような影響をもたらしてきたのか。前回に続き、早稲田大学商学部 宮島英昭教授に「外国企業による日本企業へのM&A」について伺った。

潮目が変わった日本のM&A 外国企業による日本企業へのM&A市場(中)

目立ってきた「OUT-IN」の攻勢

――次に、海外企業が国内企業にM&Aを仕掛ける「OUT-IN」の状況はどうでしょうか?

 これは動きとしてはかなり目立っていますね。最近では2016年2月の中国の鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープ<6753>の買収があったり、米国のファンドであるKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)がパイオニア<6773>や日立工機<6581>の事業・組織再編に伴う事業の買い手になっていたりします。中国インターネットサービス大手のテンセントがソフトバンクグループ<9984>の孫会社であるスーパーセルの買い手になっているといったことも挙げられますね。

 こうした海外の事業法人、あるいはプライベートエクイティ(PE;成長・成熟期の企業に対して比較的大規模な資金を提供、または株主に売却機会を提供する組織)が買い手になって、日本企業の事業再組織化の案件で活躍することが目立ってきたということです。それが最近見られる大きな特徴です。

早稲田大学商学学術院教授 早稲田大学高等研究所 所長 宮島英昭氏

――そうした動きのなかで、特徴的・象徴的な案件を1つ教えてください

 パナソニック<6752>がパナホームを完全子会社化する際に、香港のヘッジファンドのオアシス・マネジメントが強硬に反対するようなケースが象徴的でしたね。これは対抗的アクティビストファンドといってもいいかもしれません。

 ご存じのとおりパナホームは上場企業でしたが、パナソニックが完全子会社化するときに、最初は株式交換によると発表していました。ところがその手法と交換比率に、ヘッジファンドのオアシスが異を唱えました。少数株主に不利すぎるという理由です。最終的にTOB株式公開買付け)となり、977円の株価が1200円のTOB価格となりました。このケースでは(細かな計算によって変わってくるとは思いますが)買収プレミアムがおよそ3割程度上がり、パナホームのM&Aに要する資金に大きな影響を与えたわけです。

――すると、上場子会社の完全子会社にも親会社としては慎重にならざるを得ないということですか?

特集取材記事

関連のM&Aニュース

シャープ<6753>、Fritz Schumacher AGを子会社化

パイオニア<6773>、CATV関連機器事業を譲渡

日立工機<6581>、HKホールディングスによる公開買付けに賛同を表明

シャープ<6753>、子会社の堺ディスプレイプロダクトを譲渡

シャープ<6753>、ソフトウェア開発・人材派遣業子会社を売却

シャープ<6753>中国物流ソリューション会社と業務提携し、新会社設立へ

シャープ<6753>欧州市場シャープ液晶テレビ事業運営会社との業務提携強化へ

シャープ<6753>、鴻海グループの知的財産関連業務を担う企業と業務提携し、同事業子会社設立へ

シャープ<6753>、香港のRoxy社と業務提携解消、合弁会社株式50%を取得し子会社化

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

バイテックホールディングス<9957>、部材調達会社の株式の一部をパナソニック<6752>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

シャープ<6753>、第三者割当による新株式発行により経営権を鴻海グループに譲渡

パナソニック<6752>、米国の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを子会社化

日立工機<6581>、ドイツの電動工具メーカーを子会社化

ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>、パナソニック<6752>の鉛蓄電池事業を譲受け

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

シャープ<6753>、孫会社の太陽光発電開発事業社及びその持株会社を売却

パナソニック<6752>、スペイン自動車向けメカトロニクス会社と資本業務提携。

パイオニア<6773>、DJ機器事業を譲渡。

パナソニック<6752>、SAWフィルタ事業の一部をスカイワークス ソリューションズに譲渡。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

シャープ<6753>、凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業を統合。

凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業をシャープ<6753>の子会社に統合。

シャープ<6753>、鴻海精密工業と業務資本提携。

パナソニック<6752>、株式交換によりパナソニック電工を完全子会社化

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>を株式交換により完全子会社化

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

パナソニック<6752>によるパナソニック電工<6991>の株式に対する公開買付が終了

パナソニック<6752>、パナソニック電工<6991>の株式に対して公開買付を実施

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>の株式に対する公開買付を実施

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

パナソニック<6752>による三洋電機<6764>株式の公開買付が終了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>に対する公開買付けを開始

パイオニア<6773>、光ディスク事業をシャープとの合弁会社に譲渡

NEXT STORY

【法律とM&A】二段階買収案件の株式取得価格決定申立てに関する裁判例

【法律とM&A】二段階買収案件の株式取得価格決定申立てに関する裁判例

今回は、二段階買収案件の株式取得価格決定申立てに関する裁判例をご紹介します。これは二段階買収案件の株式取得価格について、2016年7月1日付の最高裁決定を踏襲した最初の事例となります。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92