M&A速報

シャープ<6753>、液晶パネル製造の堺ディスプレイプロダクトを再子会社化へ

2022/02/18
alt
REUTERS

シャープは18日、大型液晶パネルを製造する堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市。売上高1052億円、営業利益△416億円、純資産138億円)を子会社として復帰させると発表した。シャープはSDPの株式20%を持つ。海外投資ファンドのサモアWorld Praise Limitedが保有する株式80%を取得し、完全子会社化する方向で協議に入る予定。シャープは昨年2月にSDPの全保有株式を売却する方針を発表したが、直後に売却を撤回した経緯がある。

今回、一転してSDPの再子会社化を目指す理由として、テレビ事業・業務用ディスプレー事業の世界的な拡大に取り組むうえで高品位パネルの安定的な調達が重要であることや、大型液晶パネル市場で大きなシェアを持つ中国が米中貿易摩擦の最中にあり、米州市場向けのパネル供給で優位性が期待できることなどを挙げている。

SDPは2009年に約4300億円を投じて、「第10世代」以上に対応した大型液晶パネル工場として稼働。しかし、液晶事業を取り巻く環境変化に伴い、巨額投資が裏目に出て、シャープは経営危機に陥った。シャープは2016年に台湾の電子機器受託製造(EMS)世界最大手の鴻海精密工業の傘下に入り、SDPの所有もシャープから離れ、曲折を経てきた。

追記事項

2022/03/04
堺ディスプレイプロダクト(SDP)を株式交換により、完全子会社化することで合意したと発表した。株式交換比率はシャープ11.45:SDP1で、SDP1株にシャープの11.45株を割り当てる。株式交換に必要な3845万3680株については新株発行などで対応する予定。現時点で株式交換日は未確定。

22/05/11
株式交換予定日は2022年6月30日と発表。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年6月5日
東芝クライアントソリューション(株)
4,005
2
2017年5月12日
SAIGON STEC Co.,LTD
シャープタカヤ電子工業(株)
354
3
2017年4月24日
S&O Electronics(Malaysia)Sdn.Bhd.
THE ESTATE OF DATIN ROQUAIYA HANIM BINTI HUSSEIN
1
4
2017年2月8日
Fritz Schumacher AG
Peter Schumacher氏(Fritz Schumacher AG代表者)
1,935
5
2016年11月2日
シャープビジネスコンピューターソフトウェア(株)
2,445
6
2016年8月26日
Sharp-Roxy (Hong Kong) Limited
Roxy Electric Company, Limited
714

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5