menu
Social media

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その2

Cover ee03e055 7ad2 4ba1 b410 811e20b0e6a5

自らのベンチャー起業家になりたいという思いを出発点に、IPOを目指す起業家のサポートをする日本でも有数の法律事務所を設立・運営するフォーサイト総合法律事務所代表パートナー大村健弁護士。大村氏はIPOも増加する一方で、バイアウトによるイグジットも増えているという。最近のベンチャー事情を聞いた。

――現在の主要顧客は、どのような段階のベンチャー企業なのでしょうか?

 IPO(株式上場)を果たした上場企業かIPO直前の企業が多いですね。一口にIPO直前といっても「直前前期」「直前期」「申請期」の三段階がありますが、最近はそれ以前からご依頼になる企業も増えてきました。ちなみに、この5年弱で20社以上のクライアントが上場を果たされ、10社以上のクライアントが東証一部に市場変更されました。

 IPOのためには、監査法人の監査証明や主幹事を引き受ける証券会社が必要ですが、弁護士は直接的には必要ではありません。しかし、上場すれば、証券取引所の規則や金融商品取引法が適用されます。また、会社法についても上場している会社とそうでない会社では正反対といえるほど内容が変わります。ですから、まず、上場するのにふさわしい会社になる必要があるわけです。そのための手助けを得意としているのが私の経営している法律事務所ということになります。実は、こうした業務を手掛けられる法律事務所は、国内ではそれほど多くはないと思います。そのため、IPO関係者から上場前のベンチャー企業を紹介されることも多いです。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その3

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その3

自らのベンチャー起業家になりたいという思いを出発点に、IPOを目指す起業家のサポートをする日本でも有数の法律事務所を設立・運営するフォーサイト総合法律事務所代表パートナー大村健弁護士。大村氏はIPOも増加する一方で、バイアウトによるイグジットも増えているという。最近のベンチャー事情を全3回に渡ってインタビューした。最終回は今後、IPOは増えていくのかお聞きした。


注目の記事

Thumb 92b587ec 0671 471d 8dd3 5d58627a4ed4

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb f3c648a3 4804 433a 8d16 1aecd7a2a8fe
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c