シャープは、米国で太陽光発電プラント開発を手がけるRecurrent Energy(カリフォルニア州サンフランシスコ)を買収し、完全子会社化することで合意したと発表した。

北米ソーラー市場は電力会社向けプロジェクトを中心に大幅な需要の拡大が見込まれている。Recurrent Energyは電力会社と連携し太陽光発電プラントの開発・販売までを行う米国大手のソーラーディベロッパー。シャープはRecurrent Energyの発電事業開発ノウハウを生かし、太陽電池の開発・生産からプラント開発・販売まで展開するソーラー・トータルソリューション・カンパニーを目指す。

取得価額は非公表。取得は2010年内の予定。

追記事項

2010-11-05
取得価額は約246億円。取得日は2010年11月4日(米国現地時間)。