大手電機メーカーであるパイオニア(神奈川県)は、事業の選択と集中を目的として、パイオニア及びパイオニアグループのDJ機器製造事業部門(売上高約216億円)を投資ファンドが実質的に全株式を保有するPDJホールディングス(東京都)へ譲渡することを決議した。

パイオニアは、同社及び同社グループのDJ機器製造事業部門を新たに設立する会社に承継させ、新会社の全株式をPDJホールディングスに譲渡する予定。

またパイオニアは、その株式の譲渡に伴いPDJホールディングスの議決権比率の14.95%に相当する株式を引き受ける。

新会社の株式譲渡期日は平成27年3月2日。