シャープはマレーシアでオーディオ関連製品の製造・販売を手がけるS&O Electronics(Malaysia)Sdn.Bhd.(ケダ州。売上高約136億円、営業利益約5440万円、純資産約23億5000万円)を子会社化することを決議した。株式の所有割合を39.97%から40.03%に引き上げるとともに、同社役員の過半数をシャープから派遣する。

S&O Electronicsはホームシアター向けのAVレシーバーなどの製造・販売が主力で、シャープの液晶テレビAQUOSと連動したオーディオ機器への展開を図る。

取得価額は117万円。取得予定日は2017年4月25日。