ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【500 Startups Japanトップインタビュー】<2>500 StartupsがJapanをPassしないこれだけの理由

alt
左:代表兼マネージングパートナーJames Riney氏  右:マネージングパートナー 澤山 陽平氏

●日本のトレンドは「出る杭を引き上げる」?

 500 Startupsがファンド展開する地域は北米のほか、南米、カナダ、東南アジア、韓国など11地域。最も勢いのある地域は東南アジアだという。日本について、「英語情報が少ないこともあり、外から見るとブラックボックス。そのため機関投資家を中心に投資の世界ではJapan passingの風潮がある」と澤山氏はいう。では、なぜそのJapan向けのファンド設立に至ったのか。

 その大きな理由の1つとして2人は、日本市場の潜在能力に対し、ベンチャー投資があまりにも小さいことを挙げる。2014年の日本の名目GDPは約490兆円で世界第3位、1位のアメリカ(約17.3兆ドル。日本円で約1900兆円)の約4分の1だ。「アジアのような高い成長率はないといっても、国民全体のITリテラシーが高く、さまざまな消費がされている肥沃な市場」とライニー氏は評価している。

 それに対し、日本のベンチャー投資額は約1154億円(2014年・ジャパンベンチャーリサーチ発表)にすぎず、「アメリカではVCから約480億ドル、エンジェル投資家から約240億ドルで合計約720億ドル(約7兆9200億円)規模」(澤山氏)と比べると、約70分の1とその差はあまりに大きい。

 金額面だけではない。「素晴らしいエンジニアリングやものづくりといった、日本の強みが埋もれている現状がある。これはあまりにもったいない」と澤山氏。この日本の眠れる潜在能力を引き出したい考えだ。ライニー氏は「日本でのベンチャー投資額を10年以内に1兆円規模にしたい」と意気込む。

 ではなぜ今なのか? それは、現在ベンチャー企業を取り巻く環境が改善してきたことが大きいという。「ここ5年くらいで、ベンチャーというものがクールで大きな可能性を秘めた存在として認識されるようになった」(澤山氏)。

 エリート大学出身の人材も大企業一辺倒でなくベンチャー志向が高まってきたと同時に、大企業もオープンイノベーションを掲げてベンチャーへの興味が高まっていると話すライニー氏は、「日本では『出る杭は打たれる』という言い方があるが、今は『出る杭を引き上げる』くらいの状況ではないか」とその印象を説明する(ちなみに、このようにことわざを自然に引用するくらい、ライニー氏は日本語がペラペラだ)。

500 Startups Japan

写真左:代表兼マネージングパートナーJames Riney氏
略歴:500 Startups Japan代表。J.P.モルガンに勤務の後、「ビリギャル」を世に送り出したSTORYS.JP初代CEOを務める。次にDeNAの投資部門に移り、初期段階の国際投資を担当。DeNAのタイ、インドネシア、フィリピン、インドへの出資を主導した。その後500 Startups Japan立ち上げに関わり現職。

写真右:マネージングパートナー 澤山 陽平氏
略歴: JPモルガンの投資銀行部門においてTMTセクターの資金調達やクロスボーダーM&Aのアドバイザリー業務に携わった後、野村證券の未上場企業調 査部門である野村リサーチ・アンド・アドバイザリー(NR&A)にてITセクターの未上場企業の調査/評価/支援業務に従事、2015年12月よ り500 Startups Japanのマネージングパートナーに就任

ベンチャーキャピタル 500 Startups Japan: http://500startups.jp/


NEXT STORY

【500 Startups Japanトップインタビュー】<1>500 Startupsに選ばれるための3つの条件とは?

【500 Startups Japanトップインタビュー】<1>500 Startupsに選ばれるための3つの条件とは?

2016/06/28

米国シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタル「500 Startups」が日本向けファンドを立ち上げたのは2015年11月。翌年2月時点ですでに1500万ドル(約16億5000万円)の調達を完了し、投資家や起業家からの視線も熱い。日本代表兼マネージングパートナーを務めるジェームズ・ライニー氏とマネージングパートナーの澤山陽平氏に同社の戦略について聞いた。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5