menu
Social media

ビジネス

【500 Startups Japanトップインタビュー】<1>500 Startupsに選ばれるための3つの条件とは?

Cover 4c5fb4d1 e124 430d 9a73 a5adfea354f9
左:代表兼マネージングパートナーJames Riney氏  右:マネージングパートナー 澤山 陽平氏

米国シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタル(以下VC)、500 Startups(ファイブハンドレッド・スタートアップス)が日本向けファンドを立ち上げたのは2015年11月。3000万ドル(約33億円。1ドル110円換算・以下同)規模を目指している同ファンドは、2016年2月時点ですでに1500万ドル(約16億5000万円)の調達を完了、投資家や起業家からの視線も熱い。そこで、日本代表兼マネージングパートナーを務めるジェームズ・ライニー氏とマネージングパートナーの澤山陽平氏に同社の戦略について聞いた。第1回では、500 Startupsが投資する際の条件に迫る。

●伝統的VCと一線を画す「Lots of Little Bets」

 2010年に設立された500 Startupsは、世界60カ国の1500社以上に投資。20カ国以上に拠点を持ち、4つのメインファンドに加え、11の地域特化型ファンドと、2つの領域特化型ファンドを設立している。この圧倒的な数字を背景に「世界で最もアクティブなシードVCと自負している」と話すのはライニー氏。

 500 Startupsが投資する際の前提条件となるのが「シード」、つまり起業したてで企業の立ち上がり段階(アーリーステージ)であるということだ。

 しかし、立ち上がり段階ゆえに、そこから成長せずに死んでいく企業も多い。そこで500 Startupsが掲げる方針が「Lots of Little Bets(小さい投資を多数行う)」だ。さらに、生き残った企業に追加投資を適宜行うことで、「リターンを犠牲にせずに伝統的なVCと比べてリスクを低減している」(同氏)という。

 もともと500 Startupsの社名は500社投資するという意気込みを表現したものというが、すでに世界1500社以上へ投資していることからも、同社の勢いがうかがえる。

 そして、世界中で投資を進めるのは、イノベーションはシリコンバレー以外でも起こると見ているからだ。澤山氏は「インターネットやスマホが発展途上国でも普及してきている。我々はシリコンバレーでベンチャーを待つのではなく、世界中に出かけてイノベーションの種を見つけ、支援する」と話す。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【M&Aインサイト】M&A 関連の商事非訟事件の動向

【M&Aインサイト】M&A 関連の商事非訟事件の動向

現金を対価として少数株主を締め出すキャッシュ・アウトを実施した場合、価格決定の申立てを行うことで、裁判所に対し、キャッシュ・アウトの対象となる株式の公正な価格について判断を求めることができる価格決定申立ての手続きは、訴訟事件ではなく、非訟事件として手続きが進められる。2013年に制定された非訟事件手続法や2015年の改正会社法の施工でできた株式等売渡請求の制度で留意すべき点や特徴とは何か紹介...


注目の記事