menu
Social media

ビジネス

イタンジはなぜ「仲介手数料ゼロ」でも業界から嫌われないのか? イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー(3:人生編前編)

Cover bbf41950 59c8 480d 9004 81fee383ae4e
ノマドを運営するイタンジの代表の伊藤嘉盛氏

M&Aを果敢に実行しながら革新的なサービスを生み出す伊藤代表の行動原理とはどのようなものなのか?イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー、最終回となる今回は伊藤代表の波乱万丈人生に迫る。

<3>イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー<人生編前編>

★経営者に大金は毒!?
  会社売却資金の使い道とは?

●最初の起業は借金1000万円で失敗に終わる

 ―ご一家が不動産業を経営してらしたということで、
  不動産業で起業するというのは小さいころから思い描かれていたんでしょうか?

 いえ、昔はミュージシャンになりたかったんです。14歳から音楽をやっていて、私はベース担当でした。大学時代になると、音楽の才能に限界感じると同時に、演奏よりも音楽を売るほうが楽しいと思うようになっていました。そこでMBAの本を読み始めて、1度起業しました。

 ―その後に大手不動産管理会社に就職されているようですが、どうしてですか?
 実は起業したものの、大失敗して1000万円くらいの借金を抱えてしまったのです。それで返済するために働かなければならないと思い就職したわけです。再び起業したのは2年後です。

 無謀でした(笑)。スキルも手元資金も資産もないのですから、家族や知人にも猛反対されました。ただ、父や兄はじめ一家がみな経営者、という環境がやはり大きいと思います。そして、資金が限られる中でも始めやすい仲介業者を選びました。

 最初に人形町に出した店は大成功でした。路面店という立地も奏功し、月に100人くらい客が来たのです。この間に大学院でファイナンスも学び直しました。

 そこで、次は日本の中心地で勝負してやる!と六本木に店を出すことにしました。六本木交差点に面したとあるビルの2階です。家賃は1店舗目の約3倍。内装費も2000万円くらいかけました。

●あわや倒産!六本木での危機を救ったものとは?

―まさに大勝負に出ましたね!
 それが大失敗で、月に4人くらいしかお客が来ない。すぐに1店舗目で出した利益を食いつぶして字に転落。そもそも薄かった資本もあと2~3カ月でつきるというところまで追い詰められました。

―どのようにその窮地から脱したのでしょうか。
 その状況を救ってくれたのがITなのです。看板で集客できないなら、インターネットで集客しようと思い立ちました。自分でSEOの手法を勉強して、Webサイトでの募集に軸足を移したのです。

 これが見事にあたって、1店舗あたりで見れば日本で有数といえるWebで集客する仲介会社になりました。そこでビジネスが発展して店舗数も増えました。

特集取材記事

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【法律とM&A】土地境界について~土地評価との関係

【法律とM&A】土地境界について~土地評価との関係

不動産取引での「土地境界」の問題は、所有権界と筆界になることが多い。通常この2つは一致するが、不一致の場合がある。それはいったいどういうもので、それを証明するのに必要なことは何か、司法書士・行政書士法人星野合同事務所の解説をみてみよう。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92