パナソニックは、プリンターなど使用するモーターに関する事業をミネベアグループに譲渡することを決めた。譲渡先はミネベアが60%、パナソニックが40%出資するミネベアモータ。対象事業は、光学ディスクドライブ向けの小型ブラシレスモーター、プリンター向けのパワーブラシレスモーターなどで、直近売上高は約183億円。

モーター市場は海外メーカーの台頭などで競争が激化し厳しさを増すなか、デジタル家電や車載用機器などでは新しい需要が生まれている。パナソニックはミネベアとの技術の融合を図り、ミネベアモータの一層の成長を目指す。譲渡価額は非公表。譲渡予定は2010年4月。