menu
Social media

ビジネス

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

Cover af0aa32a 2d67 40c0 903f ecf8c43d9e4d
東京理科大学大学院 橘川武郎教授

今、エネルギー業界で何が起きているのか? 大型再編が示す将来像とは? エネルギー産業史研究の第一人者である 東京理科大学大学院橘川武郎教授に緊急インタビューを行った

――電力自由化は、業界再編を促すきっかけになるのでしょうか?

  直接、電力自由化と関係しているわけではありませんが、今、エネルギー業界とM&Aのテーマで話をするとき、石油元売りの経営統合に触れないわけにはいきません。石油は油田で採掘されて日本へは船で運ばれてくるわけですが、これを上流とすると、製油所で精製される工程が中流、ガソリンスタンドで販売するのを下流ということができます。日本の石油業界は上流が弱く、中流と下流を中心に展開してきました。そこに変化が起き始めています。

――石油元売りの業界再編ですね。大きな経営統合が2017年4月に予定されているそうですが。

 日本の石油元売りには、現在大きく分けて5つの企業グループがあります。売上高で一番大きいのがENEOSブランドでおなじみのJXホールディングス(以下、JX)。以前の日本石油や三菱石油などが一緒になったものです。JOMOもこのグループに合流しました。その次に出光興産、東燃ゼネラル石油(以下、東燃ゼネラル)、コスモ石油、そして昭和シェル石油の順でシェアを争っています。

  今、その中の1位のJXと3位の東燃ゼネラル、そして2位の出光興産と5位の昭和シェル石油がそれぞれ来年(17年)4月に向けて統合の話が進んでいます。 ここで日本のエネルギー業界は、相当大きな転換点を迎えます。それぞれ売上高14兆円と8兆円規模になる統合になるわけです。

図1 石油業界の業界再編(17年4月時点)

――相当大きな転換点とは?

 M&Aにもいろいろなタイプがありますが、私は今回の再編は、「双方が産業の弱さをカバーする守りのM&Aではなく、攻めに転じるための転換点。M&Aを通じて産業が強くなるかもしれない」という意味で、注目すべきM&Aだと考えています。

 業績好調な企業が事業を広げるM&Aもありますが、今回の経営統合は、「(放っておくと行き詰るから)M&Aによって流れを変え、攻めに転じよう」というかなり面白いタイプのM&Aが起ころうとしていると感じています。

――JXホールディングスと東燃ゼネラル石油の経営統合はいかがですか。

 JXと東燃ゼネラルについて言いますと、今までできなかったことでできるようになる兆しがいくつかあります。

特集取材記事

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

 【M&Aインサイト】株式取得価格決定申立てに関する裁判例(取得価格が 0 円と認定された事例)

【M&Aインサイト】株式取得価格決定申立てに関する裁判例(取得価格が 0 円と認定された事例)

森・濱田松本法律相談事務所の「Client Alert」より最新号が届きました。100%減資を行う場合等の参考に、株式の価格決定申立てにおいて取得価格を 0 円とした稀な事例をご紹介します。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb d07ecd1a c9b5 4c50 b95a c13f0b606f3b