エイベックス・グループHDの連結子会社であるエイベックス・エンタテインメントは、ソフトバンクが平成24年8月に、合弁会社化を前提に設立した会社の第三者割当増資を引き受け、同社をソフトバンクとの合弁会社とする。

エイベックス・エンタテインメントが引受ける総額は、3,000百万円(普通株式3,000株)。

出資比率は、エイベックス・エンタテインメントが60%、ソフトバンクが40%となる。

会社名は、株式会社UULA(読みはウーラ)。

UULAは、音楽・映像の定額サービスを中心としたエンタテインメント総合サービスを展開する。