ソフトバンクはイー・アクセスを株式交換により完全子会社化すると発表した。イー・アクセスは上場廃止になる見通し。

ソフトバンクはイー・アクセスを傘下に取り込むことで、データ通信用に1.7GHz帯の通信規格の利用が可能になる。従来の2.1GHz帯と合わせてより幅広いネットワークサービスの提供を図る。また基地局のロケーションの効率的運用を検討するほか、それぞれの取扱店で商品・サービスを相互に紹介し営業力の強化を目指す。

株式交換比率はソフトバンク:イー・アクセス=1:16.74で、イー・アクセスの1株に対し、ソフトバンクの16.74株を割り当てる。

株式交換実施予定日は2013年2月28日。

追記事項

2012-11-2
株式交換比率をソフトバンク:イー・アクセス=1:20.09に、株式交換実施予定日を2013年1月1日に変更したと発表した。