ジーエス・ユアサコーポレーション(京都府)の子会社で、自動車用・産業用各種電池、その他電気機器の製造・販売を行うGSユアサ(京都府)は、パナソニック(大阪府)との間で、同社子会社の株式譲受等の方法による、同社の鉛蓄電池事業(売上高500億円)の譲受に関する基本合意を締結した。譲受対象となる鉛蓄電池事業は、パナソニックストレージバッテリー(日本、所有割合85.1%)、パナソニックストレージバッテリー瀋陽(中国、所有割合95%)、パナソニック・ミンダ ストレージバッテリー インド(インド、所有割合60%)の3社の株式及びパナソニックエナジータイの鉛蓄電池部門の事業。なお、パナソニックストレージバッテリーは、2年後を目途に残る14.9%の株式を追加取得し、完全子会社化する予定。

ジーエス・ユアサコーポレーションは、パナソニックの鉛蓄電池事業が培ってきた技術開発力、生産技術力、品質管理力をグループの事業に加えることにより、技術力と相乗効果が期待できるとし、また、電池専業メーカーとして確固たる地位を築くと共に、鉛蓄電池事業のグローバルシェア拡大を目指すとしている。

事業譲受価額は約300億円。

株式譲渡実行予定日は平成28年1月。

事業譲受日は平成28年度第1四半期内。