近鉄エクスプレスは、パナソニックの子会社で国際物流のパナソニック トレーディングサービス ジャパン(大阪市。売上高14億5000万円)の株式65%を取得し子会社化することを発表。

パナソニック トレーディングサービス ジャパンは、パナソニックグループの輸出入及び三国間貿易手続き全般を手がけている。

近鉄エクスプレスは、メーカーの物流ニーズに精通するパナソニック トレーディングサービス ジャパンをグループに加えることで、そのノウハウをさらに蓄積し、新たな価値を創造することでグループ全体の競争力の向上を図る。

一方、パナソニックは、近鉄エクスプレスの経営資源・ノウハウを活用することで、貿易関連業務の効率化及び貿易関連業務委託費用の削減を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2014年4月。