パイオニアは、CATV関連機器の製造・販売事業をフランスのメディア大手Technicolor S.A.グループに譲渡することを決めた。対象事業の売上高は42億2000万円。譲渡後は、カーエレクトロニクス事業への経営資源の集中を進める。

同事業を会社分割により100%子会社のパイオニアケーブルネットワーク(東京都大田区)に承継したうえで、同社の株式51%をTechnicolor Delivery Technologies S.A.S.に譲渡する。Technicolorは、CATV関連機器事業を含むコネクテッドホーム事業においては世界第2位の事業規模を誇る。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2017年3月31日。