パナソニックは子会社の三洋電機を通じ、デジタルカメラ・デジタルムービーカメラの開発・製造・販売を手がける三洋DIソリューションズ(大阪府大東市)の全株式を売却することを決議した。譲渡先はアドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合(東京都港区)のファンドが出資する特別目的会社AP26。

三洋電機はデジタルカメラ事業を三洋DIソリューションズとして今年7月に別会社化し、事業強化を進めていた。しかし、競争力を維持しブランドメーカーに対してより優れた製品を提供するには、技術力を最大限活かすことができるパートナーのもとで事業運営することことが望ましいと判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2013年3月31日。