menu
Social media

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その3

Cover 527604c7 3aaa 4f4f 9b72 bd5c9ad0040a

自らのベンチャー起業家になりたいという思いを出発点に、IPOを目指す起業家のサポートをする日本でも有数の法律事務所を設立・運営するフォーサイト総合法律事務所代表パートナー大村健弁護士。大村氏はIPOも増加する一方で、バイアウトによるイグジットも増えているという。最近のベンチャー事情を聞いた。

――今後、IPOは増えていくのでしょうか

 一昨年が77社、昨年が92社。今年は最終的に100社弱に収まると言われています(いずれの数字もTOKYO PRO Marketは除く)。残念ながら、かつてのように年間200社も上場するといった状況は訪れないでしょう。というのは、IPOに際して証券会社が主幹事を引き受けるキャパシティーに限りがあるからです。以前のように、どの証券会社でも主幹事を引き受けるという時代は終わり、主幹事をできる証券会社は限られてきました。現状で証券会社が主幹事として上場を手掛けられる限界値が年間100社程度だといわれています。

 ただ、年間100社が上場するということは、その予備軍は常に200~300社はいると見るべきでしょう。上場が狭き門となれば、途中でIPOをあきらめ、バイアウトに切り替える企業も出てくるはずです。実際、シリコンバレーでは、20年ほど前からIPOの減少が起こり始め、代わってバイアウトが増えていきました。日本のベンチャー市場はシリコンバレーより15~25年遅れているといわれているので、日本でも、今後はバイアウトが増えていくと予想されています。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?最終回は、大手カタログ通販会社を買収したセブン&アイHDについて。


注目の記事

Thumb 70ddc187 8458 4a94 b3b0 2867aca7b291

仮想通貨ビットコインの流通で証券会社はどうなるのか?

2017年7月1日より仮想通貨の譲渡にかかる消費税が非課税とされる改正税法が適用となる。そこで今回は、仮想通貨であるビットコインの流通が増えることによって金融機関にどのような影響が出るのかを考察してみたい。

Thumb f423da8c cbaa 4e36 84f3 1375e7a23d7e
Thumb a8c49ae2 f19c 44c6 8420 76fb5025a34d
Thumb 04c0b605 79d3 4736 9daa 0b57b56eaf3a