menu
Social media

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その3

Cover 527604c7 3aaa 4f4f 9b72 bd5c9ad0040a

自らのベンチャー起業家になりたいという思いを出発点に、IPOを目指す起業家のサポートをする日本でも有数の法律事務所を設立・運営するフォーサイト総合法律事務所代表パートナー大村健弁護士。大村氏はIPOも増加する一方で、バイアウトによるイグジットも増えているという。最近のベンチャー事情を聞いた。

――今後、IPOは増えていくのでしょうか

 一昨年が77社、昨年が92社。今年は最終的に100社弱に収まると言われています(いずれの数字もTOKYO PRO Marketは除く)。残念ながら、かつてのように年間200社も上場するといった状況は訪れないでしょう。というのは、IPOに際して証券会社が主幹事を引き受けるキャパシティーに限りがあるからです。以前のように、どの証券会社でも主幹事を引き受けるという時代は終わり、主幹事をできる証券会社は限られてきました。現状で証券会社が主幹事として上場を手掛けられる限界値が年間100社程度だといわれています。

 ただ、年間100社が上場するということは、その予備軍は常に200~300社はいると見るべきでしょう。上場が狭き門となれば、途中でIPOをあきらめ、バイアウトに切り替える企業も出てくるはずです。実際、シリコンバレーでは、20年ほど前からIPOの減少が起こり始め、代わってバイアウトが増えていきました。日本のベンチャー市場はシリコンバレーより15~25年遅れているといわれているので、日本でも、今後はバイアウトが増えていくと予想されています。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?最終回は、大手カタログ通販会社を買収したセブン&アイHDについて。


注目の記事

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

Thumb 9b293ffc fb3f 4c3a b3b3 1d9f5930cf34
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c
Thumb de7f106f 7f78 4a3f b96e 331e580cd542