シャープはドイツ子会社を通じて、スイスの複写機販売・保守サービス会社のFritz Schumacher AG(チューリッヒ。売上高約32億5000万円、営業利益約4780万円、純資産約9億8400万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

シャープは大手販売代理店であるFritz Schumacher AGを買収することで販売網を拡大し、企業価値向上を図る。

取得価額は約19億円。取得予定日は2017年2月8日。