M&A速報

ソフトバンクグループ、英アームの売却を取りやめ 株式上場に切り替え

2022/02/08
alt
ソフトバンクグループの本社(東京都港区)

ソフトバンクグループ(SBG)は8日、傘下の英半導体設計大手アームの米半導体大手エヌビディアへの売却を取りやめると発表した。売却断念に伴い、アームの2022年度中の株式上場を準備する。SBGは2020年9月にアームを約4兆2000億円でエヌビディアに売却することで合意したが、半導体市場への影響を懸念する各国独禁法当局の審査が難航していた。

売却対価の前受金として受け取った12億5000万ドル(1438億円)については、契約条項に基づき返金の義務はなく、2022年3月期決算に利益計上される。

SBGは2016年に約3兆3000億円を投じてアームを買収した。売却が実現すれば、1兆円近い差益が見込まれていた。

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年4月30日
TモバイルUS
米スプリント
2
2016年7月18日
ARM Holdings plc
株主
3,300,000
3
2016年6月21日
Tencent Holdings Limited関係会社
Supercell Oy
770,000
4
2014年5月9日
ネクシム・コミュニケーションズ(株)
54
5
2013年10月15日
Supercell Oy
Accel London Investments Sàrl、Supercell Oy CEO、Initial Capital LP、PromoTwo S.à.r.l.、Cerval Investments Inc、他法人7社、個人株主22名
151,500
6
2013年3月25日
アジアングルーヴ(同)
24,976

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5