M&Aカレンダー

2月 24

【2020年2月24日】今日は何の日?

住友商事、住商情報システム、CSKをTOBで子会社化

住友商事と住商情報システムは、ACAインベストメンツが保有しているCSKの普通株式、F種優先株式、第7回新株予約権、新株予約権付社債を取得することを目的に、TOB(株式公開買い付け)を実施し、TOB終了後は住商情報システムとCSKを合併すると発表した。買付総額は約261億円。

ANAホールディングス、LCCのPeachを子会社化

ANAホールディングスは株式の38.67%を保有するPeach・Aviationの株式を追加取得し、子会社化することを決めた。Peach社の成長を加速するのが狙い。株式取得価額は304億円で、株式取得後の所有割合は67.00%になる。

武田薬品工業、トルコの医薬品会社を買収

武田薬品工業はドイツの子会社を通じて、消化器系・呼吸器系・代謝系・筋骨格系疾患領域において13製品を保有しているトルコのToplam Kalite全株式をトルコ大手製薬グループのNeutec社から取得することを決めた。製品のラインナップを増やしトルコにおける成長力を高めるのが狙い。株式取得価額は145億円。

東芝、福岡県の石炭火力発電事業を投資ファンドに譲渡

東芝は電力供給業のシグマパワー有明(東京都港区)の石炭火力発電事業を、投資会社のIDIインフラストラクチャーズ(東京都港区)の運用するファンドに譲渡すると発表した。対象の事業は高い収益性を維持しているが、設備投資や事業体制拡充の必要性を考慮し、譲渡することが最善と判断した。譲渡価格は220億円。

日本特殊陶業、セラミックスメーカーの日本セラテックを買収

日本特殊陶業は太平洋セメントから、セラミックスメーカーの日本セラテック(仙台市)の全株式を取得し子会社化すると発表した。子会社化により日本セラテックが持つ高い加工技術力と少量多品種でのコスト競争力を活用するとともに、日本セラテックは日本特殊陶業の海外販売ネットワークを活用した事業展開を見込む。買収価格は73億円。

WOWOW、番組企画編成のIMAGICAティーヴィを子会社化

WOWOWはイマジカ・ロボットホールディングスからBS/CSデジタル放送・番組の企画編成などを手がけるIMAGICAティーヴィ(東京都港区)の全株式を取得し子会社化すると発表した。子会社化により、コンテンツの制作力・プロデュース力を高め、メディアとしてのチャンネル価値やブランド価値を高めるのが狙い。買収価格は27億円。