M&Aカレンダー

4月 22

【2019年4月22日】今日は何の日?

“最後の相場師”の異名も。立花証券の実質的な創業者・石井久氏が死去

立花証券の実質的な創業者で同社の社長、会長を務めた。1923年、福岡県大野村(現大野城市)に生まれ、小学校卒業後、鉄工所勤務や警官を経験。48年、25歳の時、株の世界に飛び込み、歩合外務員に。53年に独立して江戸橋証券を設立し、57年に経営不振の立花証券を買収した。独自の相場予測で鳴らし、兜町で“最後の相場”の異名をとった。

ソニー、米グレースノートを2億6000万ドル(約270億円)で買収

グレースノートは1998年にカリフォルニア州で設立。映画やテレビ番組、楽曲のデータベースを持ち、コンテンツ配信、自動車、家電などの分野にサービス提供する。ソニーは同社を傘下に収めたものの、2013年に米メディア大手のトリビューン・メディアに1億7000万ドルで売却。さらに2017年、売却が繰り返され、米調査会社ニールセン・ホールディングスが親会社となった(買収額は5億6000万ドル)。グレースノート日本法人は東京・渋谷にある。

THKが米TRWから足回り部品事業を買収

THKが自動車部品メーカー大手、米TRWオートモーティブが手がける足回り部品を8月までの買収することを発表した。買収金額は4億ドル(約470億円)。TRWはブレーキやエアバッグなどを主力とし、欧米5カ所に製造や研究開発の拠点を持つ。THKが取得するのはサスペンション周辺の足回りに関する事業で、売上高規模は約650億円。

初の実用的なウェブブラウザ「NCSA Mosaic」がリリース、本格的なインターネット時代に

米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) に所属するマーク・アンドリーセン氏らが開発した。テキスト(文字)情報と画像を同一のウインドウ内に表示できる最初のウェブブラウザで、現在のすべてのウェブブラウザの源流となる。Mosaicの登場でインターネットは誰でも気軽に利用できる情報インフラとなり、爆発的に普及した。Mosaicの開発チームは1994年に商用ブラウザとして「Netscape Navigator」をリリースし、インターネット黎明期をけん引する。