M&Aカレンダー

6月 16

【2019年6月16日】今日は何の日?

SUMCO、コマツ電子金属(現・SUMCO TECHXIV)の買収を発表

コマツ電子金属は1960年4月に建機大手の小松製作所と石塚研究所の共同出資で設立され、多結晶シリコンの生産を開始した。一方、SUMCOは1999年7月に住友金属工業(現・新日鐵住金)、三菱マテリアル、三菱マテリアルシリコンの共同出資で、300mmシリコンウェーハの開発・製造会社として設立した「シリコンユナイテッドマニュファクチュアリング」が前身。2002年2月に住友金属工業からシリコン事業の営業譲渡を受けると共に三菱マテリアルシリコンと合併し、三菱住友シリコンとなる。2005年8月にSUMCOに改称した。外資系のような社名だが、純然たる日本企業である。

ヘンリー・フォードらが米フォード・モーターを設立

ベルトコンベア方式による大量生産システムや製造業における大規模マネジメント(科学的管理法)を採用したことで、自動車業界のみならず20世紀の産業と経営のモデルとなった企業。戦前は横浜市内にフォードの自社工場があった。給与が高かったのに加えて、社内設備や社員食堂のメニューまで米国工場と同じで、当時の一般的な日本人が見たこともなかった高級食材や果物、菓子、コーヒーまで無料でふんだんに提供されたため、フォードの求人には応募が殺到したという。

日本製紙、米国の液体用紙容器原紙事業を譲り受け

日本製紙は米国の総合林産企業グループであるウェアーハウザー社との間で、米国ワシントン州でジュースや牛乳向けの液体用紙容器の原紙、カップ容器用の原紙などの製造や加工を手がける液体用紙容器原紙事業を譲り受けることで合意した。北米に新たな製造・販売拠点を獲得し、北米での事業拡大やアジア市場への拡販を進めるのが狙い。事業取得価額は302億円。

Jトラスト、韓国金融会社2社を完全子会社化

貸金業やアミューズメント事業を手がけるJトラストは韓国で与信業務を行う韓国スタンダードチャータードキャピタルと貯蓄銀行業を行う韓国スタンダードチャータード貯蓄銀行の全株式を取得し、完全子会社化する。韓国での事業拡大が狙い。合計取得金額は約151億円。