ソフトバンクは子会社のソフトバンクテレコム(東京都港区)を通じて、電話料金の請求や回収を手がける日本テレコムインボイス(東京都港区。売上高330億円、営業利益25億円、以上、見込み)の株式を追加取得し、完全子会社化することを決議した。現在の株式所有比率は14.9%。

日本テレコムインボイスは、ソフトバンクテレコムと通信料金一括請求サービスを提供するインボイス(東京都港区)との合弁会社。ソフトバンクテレコムが提供する固定電話サービス「おとくライン」を中心とした音声通信サービスの販売や料金請求、回収を手がける。ソフトバンクは同社を取得することで、中堅・中小法人向けの「おとくライン」と携帯電話の販売を強化する。

取得価額は255億円。取得予定日は2008年4月28日。