menu
Social media

ビジネス

【前編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

Cover fd852a16 64f8 431b 9da3 7414ff225805
慶応義塾大学商学部教授・牛島辰男氏

経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(前編)

「売り手側の視点に立つと、企業はもっとリストラクチャリングを進めるべきではないか」と語るのは慶応義塾大学商学部の牛島辰男教授だ。「企業の多角化」という専門分野から捉えると、無借金経営、キャッシュリッチな企業は、いまこそ『ポートフォリオ・リストラクチャリング』のチャンスでもある」らしい。M&Aはそうした事業改革の有効な手段の一つである。昨今のM&Aの動向について、牛島教授にお話を伺った。

―まず、ここ2〜3年のM&Aの動向について、どのような印象を持っていらっしゃいますか?

牛島教授:そうですね、総論としていうと、この2〜3年、金額ベースではM&Aは増えています。その背景としては国内企業による海外企業の買収、いわゆるIN-OUT型のM&Aというのが結構大きく影響しています。

たとえば、ソフトバンクグループ<9984>による半導体分野の海外企業の買収などが挙げられます。一般には報道でその状況を見聞きするわけですが、巨額の海外投資で自社の事業領域を拡大し、成長のスピードを上げるM&Aが、成長戦略の一つの手段としていくつか出てきた。買収する側は自分たちにとってこれまで足場のない領域に、足場を確保する手段としてM&Aを仕掛ける。こういうスタイルはかなり定着してきたと思います。そのなかで、M&Aを実施する企業の“裾野”というものがかなり広がってきた印象があります。前進・成長する手段としてのM&Aが定着してきているのは間違いないでしょう。

1985年以降のマーケット別M&A件数推移
レコフ MARRより https://www.marr.jp/mainfo/gra...

売り手企業の「選択と集中」に対するプレッシャーが弱まっている!?

―ご専門の経営戦略の分野から最近のM&Aを見ると、どのようなことがいえるでしょう。

牛島教授:私自身の専門は必ずしもM&Aだけではなく、一言でいうと、「企業の多角化」という観点になります。複数の事業分野で活動している企業、とくに日立製作所<6501>とかソニー<6758>といった巨大企業で複数の事業領域に広がる事業ポートフォリオを擁している企業に関して、長期的かつ戦略的な課題を探っていくわけです。

その観点からいうと、ずっと前からいわれてきた「選択と集中」が、いまどんな状況にあるかということが関心の一つとして上がってくるわけです。「選択と集中」の視点からM&Aを捉えると、M&Aの買い手とともに売り手の側にも関心が出てきます。売り手側は事業を取捨選択し、不振な事業であったり不振とはいえないけれど今後の戦略にフィットしにくかったりする事業を切り離していく。その場面で、売り手としてM&Aに関与していくのです。この視点から最近のM&Aを見ると、全体の件数は金額ベースで見るほど増えてはいないというか、もっと増えてもいいのではないか、という印象がありますね。

特集取材記事

関連のM&Aニュース

日立<6501>、米ビジスター社を買収し、画像診断分野を強化

ソニー<6758>、米国Funimationを子会社化

ソニー<6758>、エムスリー一部株式をゴールドマン・サックスに譲渡

日立工機<6581>、HKホールディングスによる公開買付けに賛同を表明

ソニー<6758>が孫会社である中国のカメラモジュール製造事業の会社を売却

ソニー<6758>、インド子会社のSPNが南アジアのスポーツネットワークを約397億円で買収

ソニー<6758>、子会社のSME UKが英国の有力なダンスミュージックレーベルを買収

ソニー<6758>、ベルギーの医療映像ソリューションプロバイダーを買収

ソニー<6758>、村田製作所<6981>へ電池事業を譲渡する意向確認書を締結

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

日立製作所<6501>、子会社の日立キャピタル<8586>を三菱UFJ系列2社へ1081億円で譲渡

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

日立製作所<6501>、子会社の日立物流をSGホールディングスへ875億円で譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソニー<6758>、故マイケル・ジャクソン氏との米国合弁会社株式50%を譲り受け

リョーサン<8140>、日立製作所<6501>のミリ波IC事業を譲受け

ソニー<6758>、イスラエルのLTEモデムチップ開発会社を買収へ

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソニー<6758>の米国子会社、英放送会社を買収。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソニー<6758>、ディー・エヌ・エーの株式の譲渡を実施。

ソニー<6758>、連結子会社の株式の一部譲渡を実施。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

日立製作所<6501>、英国ホライズン・ニュークリア・パワー社を買収。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソニー<6758>によるソネットエンタテインメント<3789>の株式等に対する公開買付が終了。

ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収。

ソニー<6758>、ケミカルプロダクツ関連事業を譲渡。

日立製作所<6501>、ウエスタンデジタルへハードディスクドライブ事業を譲渡。

ソニー<6758>、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了。

中小型ディスプレイ事業を統合

ソニー<6758>、EMI Music Publishingを買収。

日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、三菱重工業<7011>、水力発電システム事業を統合

日立物流<9086>によるバンテック<9382>の株式に対する公開買付が終了

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>、水力発電システム事業の統合に関して基本合意

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>が水力発電システム事業の統合に向け合意

ソニー<6758>、中南米の有料テレビ事業の持分を一部売却

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

日立製作所<6501>、関連子会社5社の公開買付けが終了

NECエレクトロニクス<6723>とルネサス テクノロジが事業統合

日立<6501>、上場子会社5社株式のTOB開始

日立グループ事業再編

NEXT STORY

【後編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

【後編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

「企業の多角化」という専門分野から捉えると、無借金経営、キャッシュリッチな企業は、いまこそ『ポートフォリオ・リストラクチャリング』のチャンスでもある」と語るのは、慶応義塾大学商学部の牛島辰男教授である。インタビュー後編は、企業が海外M&Aをより進めていくうえでどうしたらよいか伺った。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333