ソニー(株)(以下「ソニー」)は、(株)東芝(以下「東芝」)所有の大分県の300mmウェーハ生産ラインの製造関連施設、設備及びその他関連資産を譲受することで東芝と基本合意した。

ソニーとしては、今回の東芝の大分工場の生産ラインの取得により、今後も一層の市場拡大が期待できるCMOSイメージセンサーの生産能力を増強することが可能となるとしており、東芝は、システムLSI事業において、CMOSイメージセンサー事業から撤退し、技術優位性の高い製品にリソースを投入することにより、同事業の収益力改善を図るとしている。

事業譲渡価額は非公表。

事業譲渡完了は2015年度中を目指すとしている。