ソニーは10日、米通信大手AT&Tの子会社でアニメ配信事業「クランチロール」を運営する米イレーション・ホールディングスを買収することで合意したと発表した。全株式を約1222億円(11億7500万ドル)で取得する。クランチロールは200以上の国・地域で300万人の有料会員と9000万人の無料会員を持ち、アニメ、ドラマ、マンガなどの映像コンテンツやモバイルゲームを配信している。ソニーはアニメ・邦画配給の米ファニメーション・グローバル・グループを通じてイレーションを傘下に取り込み、エンターテインメント事業の成長を加速させる。買収完了は関係当局の承認などを条件としており、現時点で未確定。