menu
Social media

ビジネス

潮目が変わった日本のM&A 日本企業による外国企業へのM&A(下) 早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

Cover f383c0c9 1c1c 457b 9e86 b9251f47d92e
早稲田大学商学学術院教授 早稲田大学高等研究所 所長 宮島英昭氏

「国内企業同士の水平統合のM&Aは一段落つきましたね」と語るのは、「日本のM&A:企業統治・組織効率・企業価値へのインパクト」(東洋経済新報社)の編著者で、日本のM&A動向に詳しい早稲田大学の宮島英昭教授だ。連載第3回は、国内企業が海外企業にM&Aを仕掛ける(IN-OUT)の動向について、お話を伺った。

超大型案件が出る「IN-OUT」市場

――「IN-OUT」市場、すなわち国内企業が海外企業にM&Aを仕掛ける動きは、どうでしょうか

 たぶん、これがいまは日本経済全体にとっても一番大きな意味があると思いますね。2008年のリーマンショックのあと「IN-IN」のM&Aは後退し、ピークにくらべると半分ぐらいの規模になりました。それに対して「IN-OUT」と呼ばれるM&Aは2010年ぐらいから増えてきた。そのとき、2010年から2012年までは円高の影響もあって「IN-OUT」のM&A案件が増えていたんですね。

 その後2013年ぐらいからアベノミクスにより国内で株価が上昇し、資金調達面で良好な環境が生まれました。他方で、国内市場はアベノミクスの下でも拡大してゆくという展望は乏しい。企業が成長するには(選択肢として)企業はM&Aをやるか、何もしないかということになります。国内で事業を拡大していくのは難しく、国内企業を買収してもなかなか成長路線が描けないというのが現実です。そこで海外のクロスボーダーM&Aが増えた、ということでしょう。

――その「IN-OUT」の象徴的なM&Aには、どのようなものがあるのでしょうか

 たとえば、ご存知の通り、2016年のソフトバンクグループ<9984>による英国の半導体設計大手アームホールディングスの買収が代表例といえるでしょう。買収額は、約3兆3000億円。「IN-IN」のM&Aの市場規模に匹敵する額ですね。そのほか、2014年のサントリーホールディングスの米国の蒸留酒最大手であるビームの買収とか、金融系では2015年の東京海上ホールディングス<8766>による米国HCCインシュアランス・ホールディングスの買収などもありました。2014~2015年の大型M&Aは、金融サービスも含めた国内企業が海外M&Aを積極的に進め、いまそのM&Aの成果が問われる局面を迎えつつあるということです。

――買収によるのれんの減損が話題となっています

 2015年の日本郵政<6178>によるオーストラリアの国際輸送物流会社トールホールディングスの買収は大きな減損だと問題になっていますね。M&Aは本質的には必ず成功するというものではなくて、とくに日本企業による海外企業のM&Aは成功よりも失敗の例を挙げるほうが簡単だといわれるぐらい失敗が多い。1980年代後半の三菱地所<8802>、ソニー<6758>などの買収のケースも減損を出しています。その点では最近初めてということではないけれども、M&Aの巧拙が分かれたという印象はありますね。

特集取材記事

関連のM&Aニュース

ソニー<6758>、米国Funimationを子会社化

ソニー<6758>、エムスリー一部株式をゴールドマン・サックスに譲渡

ソニー<6758>が孫会社である中国のカメラモジュール製造事業の会社を売却

ソニー<6758>、インド子会社のSPNが南アジアのスポーツネットワークを約397億円で買収

三菱地所<8802>、物流ビル・オフィスビル運営管理会社を追加取得で連結子会社化

ソニー<6758>、子会社のSME UKが英国の有力なダンスミュージックレーベルを買収

ソニー<6758>、ベルギーの医療映像ソリューションプロバイダーを買収

ソニー<6758>、村田製作所<6981>へ電池事業を譲渡する意向確認書を締結

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソニー<6758>、故マイケル・ジャクソン氏との米国合弁会社株式50%を譲り受け

ソニー<6758>、イスラエルのLTEモデムチップ開発会社を買収へ

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

東京海上HD<8766>、米大手保険グループを買収へ。

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソニー<6758>の米国子会社、英放送会社を買収。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソニー<6758>、ディー・エヌ・エーの株式の譲渡を実施。

ソニー<6758>、連結子会社の株式の一部譲渡を実施。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソニー<6758>によるソネットエンタテインメント<3789>の株式等に対する公開買付が終了。

ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収。

ソニー<6758>、ケミカルプロダクツ関連事業を譲渡。

ソニー<6758>、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了。

ソニー<6758>、EMI Music Publishingを買収。

東京海上ホールディングス<8766>、米国損害保険会社「First Insurance Company of Hawaii, Ltd.」を子会社化

三菱地所<8802>と平和不動産<8803>が資本業務提携

ソニー<6758>、中南米の有料テレビ事業の持分を一部売却

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

iPhone発売以来Appleが買収した21社を眺めて買収技術の製品化スピードに驚いた件

iPhone発売以来Appleが買収した21社を眺めて買収技術の製品化スピードに驚いた件

未上場なのに29社も買収しているTwitter買収企業リストの記事が好評につき、AppleがiPhoneを発売してから買収した企業のリストを作ってみたという。注目すべきポイントは、買収から自社製品をリリースするまでのスピード。


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb 57a93bea e21c 4c0f a662 2157dcad9265
Thumb ffcb40ef b290 43bc b082 0eaad1cc55bf
Thumb a089c712 ccf0 47a5 aae6 fa3d5cfe198d