日立は、日立メディコをTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化することを決議した。日立メディコは診断用超音波装置などを中心とした画像診断機器を製造・販売する医療機器メーカーで、日立が63.15%を所有する日立の連結子会社。

日立はヘルスケア事業の経営資源を共有化することで、日立メディコの画像診断機器販売の拡大や日立の現地法人を活用した新興国における販売拠点の拡充を見込む。

TOBの買付価格は1株あたり1800円。TOB公表前営業日の対象株式の終値1338円に対して34.5%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は1475万2335株。買付予定額は265億5400万円。

公開買付期間は2013年11月14日から12月19日までを予定している。決済の開始日は2013年12月27日。