ソニーは子会社を通じて、米国で日本アニメの配給・配信事業を手がけるFunimation Productions,Ltd.の持ち分95%を約157億円で取得すると発表した。

Funimation Productions,Ltd.は英語でのアニメ配信会社としては北米ナンバー1で、「ドラゴンボールZ」や「カウボーイビバップ」、「ONE PIECE」など人気タイトルの米国でのライセンス管理や配信事業を行っている。ソニーは20年近くにわたり世界中でアニメ事業を展開してきたが、同社を傘下に取り込むことで、より多くのプラットフォームでコンテンツを提供することが可能になる。