半導体専業企業のNECエレクトロニクスとルネサンス テクノロジが平成22年4月1日を期日として事業統合する。

事業統合後の新会社は、マイコン、システムLSI、個別半導体という3つの製品群それぞれの分野で、これまで両社が培ってきた強みを一層強化するような開発リソースの選択と集中を進め、グローバルに高い競争力を持つ強い製品群の育成に力を注いでまいります。さらに、個々の製品の競争力強化だけでなく、応用製品毎にマイコンやシステムLSI、個別半導体をまとめて提供するソリューション提案によるビジネスの拡大に力を注ぎ、半導体市況の変動に耐えうる「強い半導体専業企業」を目指す。

株式価値の比率は1対1.189、ルネサンス テクノロジ普通株式一株に対し割当てられるNECエレクトロニクスの普通株式の数、所謂合併比率は、合併契約書締結時に決定される。