ソニー(東京都)は、LTE向けモデムチップの開発と商品化を行うAltair Semiconductor(イスラエル、以下アルティア社)の買収について同社及び主要株主と合意した。

ソニーは、アルティア社の買収により、今後、アルティア社の保有する高性能で低消費電力、低コストを実現するモデムチップ技術と自社技術を、さらに進化させて組み合わせることにより、通信機能を持った新たなセンシングデバイスの開発に取り組むとしている。

取得価額は250億円。

本件取引は平成28年2月初旬に完了予定。