2021年M&A、前年を28件上回る877件|コロナ禍をバネにリーマンショック後の最多に

alt
上場企業…4月に東証市場再編を控える(写真は東京証券取引所)

パナソニック、10年ぶりに大型M&A

一方、2021年の取引金額は8兆7121億円。前年を約2兆4500億円下回ったが、過去10年では18年(13.8兆円)、16年(11.9兆円)、20年(11.1兆円)に続く4番目の水準。20年はソフトバンクグループによる英半導体設計大手アームの4.2兆円売却(現在も売却手続き中)、セブン&アイ・ホールディングスによる米コンビニ大手スピードウェイの2.2兆円買収という2案件だけで全体の6割近くを占めており、これを考慮すれば、21年の方が粒ぞろいだったといえる。

実際、100億円超の案件は20年比23件増の74件で、2017年(74件)と並ぶ4年ぶりの高水準。このうち1000億円超の案件をみても、20年の12件から19件に増えた。

パナソニックはほぼ10年ぶりに大型買収を手がけた。サプライチェーン(供給網)向けソフトウエア開発の米ブルーヨンダーを約7800億円で完全子会社化した。パナソニックは2020年に20%出資(約860億円)しており、買収総額は8600億円に上る。

顧客企業のデジタル変革を支援するDX(デジタルトランスフォーメーション)関連は世界的に大型M&Aの主戦場の一つ。日立が米グローバルロジックを1兆円超で買収したのも同じ流れにある。

日立が本社を置くビル(東京・丸の内)

片倉工業、大型MBOは不調に

金額トップ10に2件ランクインしたのはENEOSホールディングス。太陽光発電など再生可能エネルギーの新興企業「ジャパン・リニューアブル・エナジー」(東京都港区)を2000億円で子会社化する一方、英国の石油資源開発子会社JXNEPUKを1900億円規模で売却すると発表した。石油依存の事業構造を転換し、脱炭素化の取り組みを加速する狙いがある。

片倉工業のMBO(経営陣による買収)は買付代金が最大714億円に上り、投資ファンドが関与しない過去最大のMBOとして注目された。同社は祖業の製糸事業の縮小に伴い、不動産や医薬品、機械関連などへの多角化を進めてきた。株式の非公開化で一連の構造改革を加速する狙いだったが、MBOが不成立に終わり、一転、上場継続することになった。

◎2021年M&A:金額上位30(月は開示ベース)

1 日立製作所 米IT企業のグローバルロジックを子会社化 1兆400
億円
3月
2 三菱UFJフィナンシャル・グループ 傘下の米地銀MUFGユニオンバンクを米地銀最大手USバンコープに譲渡 8800億円 9月
3 米ベインキャピタル 国内投資ファンド2社と組んで、日立金属をTOBなどを通じて買収 8100億円 4月
4 パナソニック サプライチェーン・ソフトウエア企業の米ブルーヨンダーを子会社化 7800億円 4月
5 ルネサスエレクトロニクス アナログ半導体大手の英ダイアログ・セミコンダクターを子会社化 6262億円 2月
6 ブリヂストン 米国建材子会社ファイアストン・ビルディング・プロダクツをスイス企業に譲渡 約3500億円 1月
7 米インベスコ・グループ 不動産投資信託のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人を対抗TOBで非公開化 2002億円 6月
8 ENEOSホールディングス 米ゴールドマン・サックス傘下の再エネ企業、ジャパン・リニューアブル・エナジーを子会社化 2000億円 10月
9 ENEOSホールディングス 英資源開発子会社のJXNEPUKを現地社に譲渡 約1900億円 11月
10 米スターウッド・キャピタル・グループ [不成立]不動産投資信託のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人をTOBで非公開化 1665億円 4月
11 資生堂 日用品事業を英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズに譲渡 1600億円 2月
12 日本ペイントホールディングス フランスの建築用塗料メーカー、クロモロジーを子会社化 1509億円 10月
13 クボタ インドのトラクターメーカー大手、エスコーツを子会社化 1406億円 11月
14 住友金属鉱山 チリ「シエラゴルダ銅鉱山」の権益持ち分を豪資源大手South32に譲渡 1349億円 10月
15 帝人 武田薬品工業から2型糖尿病治療薬事業を取得 1330億円 2月
16 三菱HCキャピタル 海上コンテナリース大手の米CAIインターナショナルを子会社化 1219億円 6月
17 SBIホールディングス 新生銀行(旧日本長期信用銀行)をTOBで子会社化 1164億円 9月
18 ENEOSホールディングス JSRからタイヤ素材のエラストマー事業を取得 1150億円 5月
19 ソニーグループ 米ゲーム事業を米ゲーム会社のスコープリーに譲渡 1100億円 10月
20 三菱ケミカルホールディングス 結晶質アルミナ繊維事業を米アポロ・グローバル・マネジメントに譲渡 850億円 9月
21 資生堂 米国で展開する化粧品「ベアミネラル」など3ブランドを米投資ファンドAdventに譲渡 770億円 8月
22 第一生命ホールディングス 豪生保のウエストパック・ライフを子会社化 740億円 8月
23 片倉工業 [不成立]MBOで株式を非公開化 714億円 11月
24 米フーリハン・ローキー M&A助言国内最大手のGCAをTOBで子会社化 681億円 8月
25 EPSホールディングス MBOで株式を非公開化 625億円 5月
26 飯田グループホールディングス ロシア最大級の林業グループを傘下に置く持ち株会社Russia Forest Products(英領バージン諸島)を子会社化 600億円 12月
27 日本アジアグループ 傘下の国際航業(東京都千代田区)とJAG国際エナジー(同)を米カーライル・グループに譲渡 585億円 8月
28 住友商事 チリ「シエラゴルダ銅鉱山」の権益持ち分を豪資源大手South32に譲渡 578億円 10月
29 JSR EUV(極端紫外線)用メタルレジストメーカーの米Inpriaを子会社化 565億円 9月
30 野村総合研究所 DXサービス大手の米Core BTSを子会社化 523億円 11月

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【11月M&Aサマリー】3カ月ぶりに前年下回る77件、クボタはインド企業を1400億円で買収

【11月M&Aサマリー】3カ月ぶりに前年下回る77件、クボタはインド企業を1400億円で買収

2021/12/06

2021年11月のM&A件数は前年同月を4件下回る77件だった。前年同月比マイナスは3カ月ぶりだが、11月として過去10年で2019年(86件)、20年(81件)に続く高水準を維持。クボタはインドのトラクター大手を1406億円で買収する。

関連のM&A速報