【9月M&Aサマリー】5カ月ぶりに前年比プラスの83件、SBIが新生銀行にTOB開始

alt
SBIホールディングスによるTOBが進行中の新生銀行(東京・日本橋室町の本店)

2021年9月のM&A件数(適時開示ベース)は83件で前年同月を22件上回る大幅増加となった。5カ月ぶりに前年比プラスに転じ、9月として2017年(84件)以来の高水準。前月(8月)比では18件増だった。

月間の取引金額は1兆2626億円。金融分野で三菱UFJフィナンシャル・グループ、新生銀行を巡る大型案件があったことから、4月(1兆9300億円)に次いで今年2番目の規模に膨らんだ。

「1兆円」突破は今年4度目

全上場企業に義務づけられた適時開示情報のうち、経営権の異動を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A Online編集部が集計した。

9月の83件の内訳は買収68件、売却15件(買収側と売却側の双方が開示した場合は買収側でカウント)。このうち海外案件は10件(買収5件、売却5件)だった。

件数は5月から8月まで4カ月連続で前年に届かず、4月までの“貯金”が10数件まで目減りしていたが、9月はひと月だけで20件以上を積み増した。この結果、1~9月累計で前年同期比37件増の657件と、2008年(689件)以来13年ぶりのハイペースを堅持している。

月間の取引金額が1兆円を超えるのは2月、3月、4月に次ぎ9月で今年4度目。7月、8月とゼロだった1000億円を超える大型案件が復活して9月は2件あった。

三菱UFJ、傘下米銀を8800億円で売却へ

金額トップは三菱UFJフィナンシャル・グループが傘下の米地銀MUFGユニオンバンク(カリフォルニア州)の全株式を、米地銀最大手のUSバンコープ(ミネソタ州)に約8800億円で売却すると発表した案件。売却に先立ち、個人・中小企業向け部門を除き、大企業向け部門は三菱UFJ側に移管する。

三菱UFJは2008年にユニオンバンクに追加出資して完全子会社化したが、今後、米市場で法人取引と投資銀行業務に集中する体制とし、経営効率を高めるのが狙いだ。2022年1~6月中の売却完了を見込む。

金額2位も同じく金融だ。インターネット金融大手のSBIホールディングスは、新生銀行にTOB(株式公開買い付け)を実施し、子会社化すると発表した。SBIは最大1164億円を投じて、現在20%余りの持ち株比率を48%に高め、傘下に収める計画。一方的なTOBに反発する新生銀行は臨時株主総会を開き、買収防衛策の発動を諮ることにしている。

SBIは新生銀行の要請を受け入れ、TOB期間を12月8日(当初は10月25日まで)に延長したが、両者の対立は決定的となっており、大手銀行を巡る買収劇は混迷を深めている。

金融関連の2案件を含めて、9月として取引金額が100億円を超えたのは8件。1~9月累計でみると、100億円超の案件は55件を数え、3カ月を残して2020年の年間51件を上回っており、買収・売却を問わずM&A意欲の旺盛さを裏付けた形だ。

傘下の米地銀MUFGユニオンバンクを売却…三菱UFJフィナンシャル・グループの本社ビル(東京・丸の内)

地場建設会社の買収が目立つ

9月は地場建設会社をターゲットとする買収が目立った。

準大手ゼネコン(総合建設会社)の戸田建設は茨城県水戸市に本社を置く昭和建設(売上高91億円)を子会社化する。カーリットホールディングスは群馬県渋川市の南澤建設(売上高7億4000万円)、メイホーホールディングスは新潟県上越市の有坂建設(同2億5700万円)をそれぞれ子会社化。このうち、戸田建設は2018年にも福島県の地場最大手の佐藤工業(福島市)を傘下に収めている。

建設関連ではM&Aの破談劇もあった。新日本建設は元東証1部上場の建設会社で10月1日付で予定していた冨士工(東京都中央区)の子会社化を中止した(発表は9月24日)。150億円をかけて冨士工の全株式を取得することにしていたが、子会社化後の経営方針などで相違点が顕在化したとして、8月に合意していた株式譲渡契約を解除したのだ。

◎9月M&A:金額上位案件(10億円超)の一覧

1 三菱UFJフィナンシャル・グループ 傘下の米地銀MUFGユニオンバンクを米地銀最大手USバンコープに譲渡 8800億円
2 SBIホールディングス 新生銀行をTOBで子会社化 1164億円
3 三菱ケミカルホールディングス 傘下の三菱ケミカルが手がける結晶質アルミナ繊維事業を米アポロ・グローバル・マネジメントに譲渡 850億円
4 JSR EUV用メタルレジストメーカーの米Inpriaを子会社化 565億円
5 明治ホールディングス 医療用医薬品子会社Meiji Seikaファルマの農薬事業を三井化学アグロに譲渡 467億円
6 ペプチドリーム 富士フイルム富山化学から放射性医薬品事業を取得 305億円
7 韓国NAVER Zホールディングス傘下のイーブックイニシアティブジャパンをTOBで子会社化 159億円
8 パイプドHD 国内投資ファンドのアドバンテッジパートナーズと組んでMBOで株式を非公開化 143億円
9 チャーム・ケア・コーポレーション 大阪府内4カ所で有料老人ホーム運営のライク(大阪府八尾市)を子会社化 44.9億円
10 ユニデンホールディングス レーダー・レーザー探知機メーカーの韓国ATTOWAVEを子会社化 21.3億円
11 メディアドゥ DeNA傘下で小説投稿サイト運営のエブリスタ(東京都渋谷区)を子会社化 20.6億円
12 テスホールディングス バイオマス発電の伊万里グリーンパワー(佐賀市)を子会社化 18.1億円
13 ミアヘルサ ヒノキヤグループ傘下で保育・介護事業のライフサポート(東京都渋谷区)を子会社化 17.8億円

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【8月M&Aサマリー】62件、4カ月連続で減少|「100億円超」は今年最多

【8月M&Aサマリー】62件、4カ月連続で減少|「100億円超」は今年最多

2021/09/07

2021年8月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比6件減の62件となり、5月から4カ月連続で前年を下回った。4カ月連続の減少は昨年8~11月以来。1~8月の累計は前年同期比12件増の571件で、4月までの“貯金”が奏功し、2008年(602件)以来13年ぶりの高水準を保持している。前月(7月)比では同数だった。

関連のM&Aニュース