【2021年上期のM&A】13年ぶりの高水準、「売却」が4割増

alt
日立製作所の本社が入るビル(東京・丸の内)

2021年1~6月(上期)のM&A件数(適時開示ベース)は447件と前年同期を26件上回り、3年連続で増加した。上期としては2008年(468件)以来13年ぶりの高水準で、昨年来の新型コロナウイルス感染拡大による経済環境の激変がM&A市場にとって追い風となった形だ。取引金額は5兆3799億円で、前年(1兆5081億円)の3.5倍に膨らんだ。

5年ぶりにマイナスでスタート

全上場企業に義務づけられた適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A Online編集部が集計した。

2021年のM&A戦線は2016年以来5年ぶりのマイナスでスタートした。1月のM&Aは54件で、前年同月(74件)を3割近く下回った。前年はコロナ禍の前だったことに加え、年明けに2度目の緊急事態宣言が発令され、落ち込みが増幅したと見られる。

ところが、2月以降、件数、金額がそろって急反転。2月、3月は2カ月連続で13年ぶりとなる90件台に乗せ、1都3県の緊急事態宣言の延長と重なったものの、むしろ勢いは増した。こうしたM&Aの盛り上がりは金額面にも如実に表れた。

「日立案件」が1,2位に

月間の取引金額は2月から4月まで初めて3カ月連続で1兆円の大台を超えた。1~2位を占めたのが「日立案件」。これにパソニック、ルネサスエレクトロニクス、ブリヂストンなどが続いた(金額上位20の一覧を参照)

日立製作所は米IT企業のグローバルロジックを1兆368億円で買収する一方、上場子会社の日立金属を売却することを決めた。日立金属を巡っては日米投資ファンド連合がTOB(株式公開買い付け)で株式47%を買い付けたうえで、日立保有の残る53%の株式を取得するもので、総額約8100億円に上る。

5、6月は件数、金額とも一服感が広がった。件数は2カ月続けて前年に届かなかったが、水準そのものは依然高く、失速の懸念はなさそうだ。

4件に1件は「売却」案件

上期のM&A全447件の内訳をみると、買収331件、売却116件(買収側と売却側の双方が開示した場合は買収側でカウント)。このうち海外M&Aは85件で、前年同期の71件から2割増えた。

なかでも目をひくのが売却の増加だ。上期は116件(うち海外案件32件)を数え、前年同期の81件から4割以上増えた。この結果、全M&Aに占める売却の割合は26%と、前年同期の19%より7ポイント高まった。

新型コロナによる事業環境の変化を受け、国内外で不採算事業や非中核事業の切り離しを積極的に進めている様子が浮き彫りになったといえる。

◎2021年1~6月:金額上位20

社名 案件内容 取引金額 発表
1 日立製作所 米IT企業のグローバルロジックを買収 1兆386億円 3月
2 ベインキャピタル(米) 国内投資ファンド2社と組んで、日立金属をTOBなどで買収 8100億円 4月
3 パナソニック サプライチェーン・ソフトウエア企業の米ブルーヨンダーを子会社化 7800億円 4月
4 ルネサスエレクトロニクス アナログ半導体大手の英ダイアログ・セミコンダクターを買収合意 6157億円 2月
5 ブリヂストン 米国建材子会社ファイアストン・ビルディング・プロダクツをスイス企業に譲渡 約3500億円 1月
6 米インベスコ・グループ 不動産投資信託のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人を対抗TOBで非公開化 2002億円 6月
7 米スターウッド・キャピタル・グループ 不動産投資信託のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人をTOBで非公開化→不成立 1665億円 4月
8 資生堂 パーソナルケア事業を欧州投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズに売却 1600億円 2月
9 帝人 武田薬品工業から2型糖尿病治療薬事業を取得 1330億円 2月
10 三菱HCキャピタル 海上コンテナリース大手の米CAIインターナショナルを子会社化 1219億円 6月
11 ENEOSホールディングス JSRからタイヤ素材のエラストマー事業を取得 約1150億円 5月
12 EPSホールディングス MBOで株式を非公開化 625億円 5月
13 昭和電工 アルミ缶・圧延品事業を米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントに譲渡 約500億円 1月
14 AGC 北米建築用ガラス事業を米カーディナルに譲渡 496億円 6月
15 MBKパートナーズ 介護事業のツクイホールディングスをTOBで子会社化 490億円 2月
16 ソニーグループ 米音楽出版社コバルト・ミュージックから音楽配信サービス「AWAL」事業を買収 452億円 2月
17 オリバー MBOで株式を非公開化 385億円 6月
18 ノーリツ鋼機 ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン開発の米Jlabを子会社化 350億円 4月
19 GMOフィナンシャルホールディングス Zホールディングス傘下でFX(外国為替証拠金取引)事業のワイジェイFX(東京都千代田区)を子会社化 289億円 5月
20 ソニーグループ ブラジルの独立系音楽会社ソンリブレを買収 283億円 4月

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020/10/07

2020年1~9月のM&A金額(適時開示ベース)は前年同期比倍増の9兆6860億円となり、2018年(11兆3255億円)に次ぐ過去2番目の高水準を記録した。1~9月の取引金額ランキングの上位30は次の通り。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5