2021年の世界M&A初の5兆ドル超え PEやSPACが存在感

alt
2022年 ロイター/Brendan McDermid

[31日 ロイター] - 2021年のM&A(合併・買収)は低金利環境や株高を背景に記録的な規模に膨らんだ。

ディールロジックによると、21年の世界のM&A総額は初めて5兆ドルを超え、07年の最高記録(4兆5500億ドル)を大幅に更新した。リフィニティブによると、M&A総額は5兆8000億ドルで前年から64%増加した。

件数は6万2193件で前年を24%上回った。

投資銀行関係者は、22年は金利上昇が見込まれるものの、M&A市場は活況が続くと予想した。

国・地域別では、米国が2兆5000億ドルと全体の半分近くを占めた。バイデン政権になって独占禁止面の環境が厳しくなったにもかかわらず倍増した。

最大の案件はAT&Tのメディア部門とディスカバリーの統合で430億ドル。

このほか上位には、メドライン・インダストリーズの340億ドルのLBO(買収先の資産を担保にした借り入れによる買収)、カナディアン・パシフィック・レールウェイのカンザスシティー・サザン買収(310億ドル)、ゼネラル・エレクトリック(GE)やジョンソンエンドジョンソン(J&J)の会社分割がある。

グラント・ソーントンのM&A仲介・助言担当者への調査によると、規制や新型コロナウイルス禍に起因する試練があるものの、M&A規模は拡大するとの見方が3分の2以上を占めた。

セクター別では、テクノロジー、金融、製造業、エネルギー、電力が大半を占めた。リフィニティブによると、プライベートエクイティ(PE)関連の案件は倍以上に増え初めて1兆ドルを超えた。

年後半にペースが落ちたもののSPAC(特別買収目的会社)関連の案件は全体の約10%を占めた。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

2022/01/05

M&Aの相談を銀行にする際に、銀行と取引がある経営者であれば、よくお分かりだと思うが、メガバンクの場合は、支店ではなく法人営業部に行うのが一般的だ。では、「法人営業部」と「支店」はどう違うのか?