JXホールディングスは、連結子会社のジャパンエナジーと住友商事との合弁会社であるペトロコークス(岡山県倉敷市)が手掛けるニードルコークス製造・販売事業を住友商事に譲渡することで、同社と合意したと発表した。

まずペトロコークスからニードルコークス製造・販売事業以外の事業を新設分割により切り出した後、ペトロコークスの社名をペトロコークスジャパンに変更した上で同社の株式の大半を住友商事に譲渡する。譲渡後の出資比率は、住友商事が90%、JX日鉱日石エネルギー(新日本石油<5001>とジャパンエナジーとの合併により設立)が10%。

新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合に関連し、ニードルコークス事業の競争力確保を図る。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2010年10月1日。