JXTGホールディングスは、グループ会社でバイオ医薬品関連の米アーバイン・サイエンティフィック・セールス・カンパニー(カリフォルニア州)とアイエスジャパン(埼玉県戸田市)の全株式を、富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルムに譲渡することを決めた。譲渡価額は総額約852億円。

JXTG は1987年、細胞培養用培地などの研究開発・製造を手がけるアーバイン社を子会社化するとともに、日本、韓国での同社製品の販売会社としてアイエスジャパンを設立した。事業構成を見直す中で、コア事業である石油精製・化学品との関連性が低いと判断、医薬品事業に力を入れる富士フイルムに事業譲渡することにした。