M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。

最新の記事

「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

イオンによるコロナ越えが近づいてきた。同社が2022年1月12日に発表した2022年2月期第3四半期決算で、コロナ前の2020年2月期を上回るとしていた業績予想を、そのまま据え置いたため、コロナ越えが現実味を帯びてきたのだ。

記事を読む
2021年M&A、前年を28件上回る877件|コロナ禍をバネにリーマンショック後の最多に

2021年M&A、前年を28件上回る877件|コロナ禍をバネにリーマンショック後の最多に

2021年(暦年)のM&A件数(適時開示ベース)は877件と前年を28件上回り、2年ぶりに増加に転じるとともに、リーマンショック(2008年、870件)後の最多となった。コロナ禍をバネに、M&A市場は活況を取り戻した格好だ。国内案件が高水準で推移し、前年に大きく落ち込んだ海外案件も復調に向かった。

記事を読む
金融庁戦記|編集部おすすめの1冊

金融庁戦記|編集部おすすめの1冊

異色の金融官僚といわれた佐々木清隆氏の企業監視官時代の活躍を追う経済犯罪ドキュメンタリー。金融不況時の大蔵省の内情やクレディ・スイスとの丁々発止のやり取り、ライブドアや村上ファンドなどの捜査などを、佐々木氏の証言を織り込みながら明らかにしていく。有名な経済事件を監視官の視点から振り返る1冊だ。

記事を読む
「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

牛丼チェーン「吉野家」などを展開する吉野家ホールディングスに回復の兆しが現れてきた。2022年2月期第3四半期は、売却した京樽の影響を除くと増収になったという。先を走る「すき家」のゼンショーにどこまで迫ることができるか。

記事を読む
世界を制した北見 “ハッカ王国”|産業遺産のM&A

世界を制した北見 “ハッカ王国”|産業遺産のM&A

かつては世界の7割のシェアを誇った北海道の北見ハッカ。海外生産などの波に揉まれて2度、停滞・衰退の道をたどる。だが、そのたびごとに復活を遂げてきた。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 1月10日〜1月14日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 1月10日〜1月14日

1月10日から1月14日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】https://maonline.jp/news/summary20220115

記事を読む
ファイザーが承認を申請 新型コロナの2番目の軽症、中等症向け飲み薬となるか

ファイザーが承認を申請 新型コロナの2番目の軽症、中等症向け飲み薬となるか

ファイザーは2022年1月14日に、新型コロナウイルス感染症治療薬「PF-07321332/リトナビル錠」の製造販売承認を厚生労働省に申請した。承認が得られれば200万人分を日本政府が購入する。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(48) 未来シェア

大学発ベンチャーの「起源」(48) 未来シェア

未来シェアは、公立はこだて未来大学発のICT(情報通信技術)ベンチャー。2016年の設立以来、世界初のAI(人工知能)による配車システムの社会実装に取り組んでいる。世界で新たな潮流となっているMaaSの実現を目指す。今後の成長が期待できる。

記事を読む
バルミューダだけじゃない!ベンチャーにスマホは「鬼門」なのか

バルミューダだけじゃない!ベンチャーにスマホは「鬼門」なのか

バルミューダが満を持してと投入したスマホの「バルミューダフォン」が、製造を委託した京セラから「技術基準適合認定の認証について確認すべき項目がある」との報告を受け、販売を一時停止した。なぜか国産スマホベンチャーには「不運」がつきまとっている。

記事を読む
「労多くして功少なし」ロレックスマラソンの現実

「労多くして功少なし」ロレックスマラソンの現実

高級腕時計「ロレックス」の人気モデルを購入するために販売店を訪ね歩く「ロレックスマラソン」。円安の影響もあり、昨年8月と2022年1月に相次いで値上がりしたにも関わらず、過熱する一方だ。なぜ起こるのか?費やした労力ほどの「成果」はあるのか?

記事を読む
東急ハンズを子会社化する「カインズ」が、打ち出す次の手は

東急ハンズを子会社化する「カインズ」が、打ち出す次の手は

カインズは、AI(人工知能)で中古車の査定を行うファーストグループと資本業務提携した。カインズは東急ハンズの子会社化を決めたばかり。今回の提携にはどのうな狙いがあるのか。

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行にM&Aの相談をすると個人の悩みも解決してくれる!

元メガバンク行員が語る…銀行にM&Aの相談をすると個人の悩みも解決してくれる!

M&Aを検討する際、多くの方は、取引銀行に相談することを考えるだろう。取引銀行は、自社の経営状況についてしっかり把握してくれている。しかも、M&Aに直接関係がない個人の悩みの解決もしてくれる可能性があることをご存知だろうか?

記事を読む
事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

アイルランドの製薬会社シャイアーの買収で膨らんだ借入金の返済のために非中核事業の売却を進めてきた武田薬品工業が、中核事業と位置付ける、がん領域で企業買収を加速している。

記事を読む
【12月M&Aサマリー】前年同月比4件減の74件、飯田グループがロシア企業を600億円買収

【12月M&Aサマリー】前年同月比4件減の74件、飯田グループがロシア企業を600億円買収

2021年12月のM&A件数は前年同月比4件減の74件だった。1~12月の年間累計は877件と前年比28件の大幅増で、2年ぶりのプラスに転じるとともに、リーマンショック(2008年、870件)後の最多となった。

記事を読む
ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

ソニーブランドのEVが誕生する。ソニーグループが米ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES」で、1月4日に明らかにした。今春にEV事業を手がける新会社を設立し、EVの市販に向けて始動する。ソニー製EVは消費者の手が届くのだろうか?

記事を読む
「バリュエーションの理論と実務」|編集部おすすめの1冊

「バリュエーションの理論と実務」|編集部おすすめの1冊

裁判などで争われるような論点を中心に、引用している理論の妥当性や、問題点を検証した「バリュエーション研究会」での議論を基に、企業価値評価の実務で争われる可能性のある論点を整理し、理論を踏まえた上で許容される範囲を示したのが本書だ。

記事を読む
インテリアショップFrancfrancに出資した日本成長投資アライアンスとは

インテリアショップFrancfrancに出資した日本成長投資アライアンスとは

セブン&アイ・ホールディングスは2021年7月にFrancfrancの株式の一部を売却すると発表しました。取得するのは投資ファンド・日本成長投資アライアンスです。日本成長投資アライアンスはJTと博報堂がアライアンス・パートナー企業になっていることで知られています。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月27日~1月7日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月27日~1月7日

2021年12月27日~2022年1月7日のM&Aニュースを動画にまとめました。

記事を読む
山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市の新型コロナウイルス新規感染者数が1月6日に81人を記録した。総人口の0.062%に相当し、東京都に当てはめると8676人という猛烈な感染拡大だ。これまではコロナ感染の影響が限定的だった岩国市で、なぜここまで感染が拡大したのか?

記事を読む
「工場夜景」「Ghana TIE」変わり種バレンタイン商品とは

「工場夜景」「Ghana TIE」変わり種バレンタイン商品とは

2月14日のバレンタインデーに向け、さまざまなチョコレート商品やイベントが生まれる中、企業の連携による、ちょっと変わったバレンタイン商品が登場した。どんなものなのか。

記事を読む
入院や死亡のリスクが87%減少、コロナ治療薬レムデシビル「オミクロン」にも有効

入院や死亡のリスクが87%減少、コロナ治療薬レムデシビル「オミクロン」にも有効

新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」の投与により「新型コロナウイルス感染症に起因する入院」と「原因を問わない死亡」のリスクが 87%減少することが分かった。

記事を読む
赤字拡大の「HIS」と黒字転換見込む「JTB」その分かれ目は?

赤字拡大の「HIS」と黒字転換見込む「JTB」その分かれ目は?

HISの2021年10月期の営業損益が、前年度の2倍強となる640億円ほどの大赤字となった。JTBは赤字幅が縮小傾向にあり、2022年3月期は当期黒字を見込む。両社の分かれ目は何なのか。

記事を読む
「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

コロナ禍で経済環境は大きく変わった。それに加えて中小企業の後継者不足は、ますます深刻になっている。ポストコロナ時代を生き抜き、大量廃業を防ぐためにも、M&Aを含む事業承継は大きな課題だ。そこで角野然生中小企業庁長官に政府の支援策を聞いた。

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

M&Aの相談を銀行にする際に、銀行と取引がある経営者であれば、よくお分かりだと思うが、メガバンクの場合は、支店ではなく法人営業部に行うのが一般的だ。では、「法人営業部」と「支店」はどう違うのか?

記事を読む
【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

私はこれまで会社経営一筋で生きてきたため、会社を譲渡した後のセカンドライフについて考えたことがありません。M&A後の人生設計は、どのように考えればよいでしょうか?

記事を読む