M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。

最新の記事

急増する上場企業のMBO、半年で前年に並ぶ11件

急増する上場企業のMBO、半年で前年に並ぶ11件

2021年の上場企業によるMBO(経営陣による買収)が11件となり、半年足らずで前年の件数に並んだ。このままのペースでいけば、年間件数は2011年以来10年ぶりに20件を超える勢いだ。ただ、投資ファンドが介在するケースは前年5件だったのに対し、今年は現時点で3件にとどまる。

記事を読む
「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

旅行予約サイトのエアトリが2021年9月期中間決算で、過去最高の営業黒字を計上した。旅行業界は2020年春以降の新型コロナ感染症の拡大を受けた自粛ムードで厳しい環境にある。なぜエアトリは「旅行氷河期」にもかかわらず、最高益を実現できたのか?

記事を読む
【小僧寿し】コロナ禍で長期低迷から脱し黒字回復したM&A戦略

【小僧寿し】コロナ禍で長期低迷から脱し黒字回復したM&A戦略

老舗持ち帰りずしチェーンの小僧寿しに復活の兆しが見えてきた。コロナ禍で外食産業が史上最悪といわれる「氷河期」を迎えたのを尻目に、5期ぶりの黒字転換を果たしている。同社はどうやってコロナ禍を乗り越え、どのような成長戦略を描いているのか?

記事を読む
「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で厳しい経営環境下にある旅行会社が社会貢献でその存在感を示している。JTBが地域の祭りの復活を支援するほか、HISや日本旅行も食品ロスの削減や子ども食堂の支援を推進する。

記事を読む
6月末で「歴史」にピリオドを打つ…名門ホテル・老舗宴会場・経済紙

6月末で「歴史」にピリオドを打つ…名門ホテル・老舗宴会場・経済紙

ホテル、宴会場、経済紙…。コロナ禍が長引く中、6月末をひと区切りに、さまざまな分野で歴史的な役割にピリオドを打つ動きが目立つ。

記事を読む
史上最大のキャンペーンを仕掛ける「スシロー」ギャル曽根さんとのコラボも

史上最大のキャンペーンを仕掛ける「スシロー」ギャル曽根さんとのコラボも

回転ずしチェーンのスシローなどを運営するFOOD & LIFE COMPANIES<3563>が攻勢をかける。同社は2021年6月23日から史上最大と銘打った二つのキャンペーンを同時展開する。

記事を読む
1日で42億分の1に下落した仮想通貨「TITAN」とは?

1日で42億分の1に下落した仮想通貨「TITAN」とは?

米Iron Financeが発行する暗号資産(仮想通貨)の「Iron Titanium(TITAN)」が突如として42億分の1にまで暴落し、ほぼ無価値となった。わずか1日で歴史的な暴落を招いたTITANとは、どんな仮想通貨なのか?

記事を読む
【八十二銀行】長野県のトップバンク、今年で誕生90年|ご当地銀行のM&A

【八十二銀行】長野県のトップバンク、今年で誕生90年|ご当地銀行のM&A

長野県のトップバンク八十二銀行<8359>は、2つの国立銀行の合併により誕生した。地域によって独立色の強い長野県にあって、地元を深耕するとともに、県外や海外にも積極的に拠点を展開してきた。

記事を読む
「結婚式」に回復の兆し「ハワイ」での挙式も再開

「結婚式」に回復の兆し「ハワイ」での挙式も再開

結婚式を取り巻く環境に明るい話題が増えてきた。フリマアプリ大手のメルカリ<4385>が2021年6月21日に公表したウエディング動向調査によると、2021年に入り「メルカリ」でのウエディング需要が回復基調にあることが分かった。

記事を読む
【スポーツクラブ大手】セントラルとティップネス、「まん延防止」移行後も時短継続

【スポーツクラブ大手】セントラルとティップネス、「まん延防止」移行後も時短継続

新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言が6月20日に解除されたのに伴い、スポーツクラブ各社では全国に展開する店舗での通常営業の再開が大勢となっている。そうした中、異なる対応を見せたのがセントラルスポーツとティップネスだ。

記事を読む
中小の事業承継など促進 骨太の方針を閣議決定

中小の事業承継など促進 骨太の方針を閣議決定

政府は6月18日の臨時閣議で、菅義偉政権で初めてとなる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2021と成長戦略を決定した。「活力ある中堅・中小企業・小規模事業者の創出」に向け、中小企業などの事業承継・再生の円滑化のための環境を整備する。

記事を読む
朝日・毎日新聞、読売に2年半遅れて値上げ 3大紙でついに初の「価格差」

朝日・毎日新聞、読売に2年半遅れて値上げ 3大紙でついに初の「価格差」

朝日新聞、毎日新聞が7月から月ぎめ購読料を27年半ぶりに引き上げる。読売新聞は2019年1月に先行して値上げしており、2年半のタイムラグを経て、3大紙の購読料改定が出そろったが、ある「異変」が生じた。購読料の横並びが戦後初めて崩れたのだ。

記事を読む
中小企業M&A の真実 決定版|編集部おすすめの1冊

中小企業M&A の真実 決定版|編集部おすすめの1冊

M&Aといえば大手企業による大型買収が思い浮かぶが、現実には中小企業のM&Aが圧倒的に多い。M&Aの大半を占める、中小企業M&Aについての解説書である。Q&A形式の構成で、全50問にわたって中小企業M&Aの状況を分かりやすく解説する内容だ。

記事を読む
ソフトバンクが発売する18万円超の「ライカスマホ」は買いか?

ソフトバンクが発売する18万円超の「ライカスマホ」は買いか?

ソフトバンクが2021年7月に独高級カメラメーカーのライカが全面監修する5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。価格は18万7920円(消費税込み)と、かなり高額だ。カメラファン垂涎の的のライカスマホは「買い」なのか?

記事を読む
ラーメン店主らが「湯切り」いらずの麺を開発、家庭で人気店の味を再現

ラーメン店主らが「湯切り」いらずの麺を開発、家庭で人気店の味を再現

中華料理店の大阪王将などを展開するイートアンドホールディングスは、人気店19店舗が協力して開発した湯切りをしなくても美味しく食べることのできる麺を用いた冷凍ラーメンのネット販売を始めた。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(35)  Rabbit

大学発ベンチャーの「起源」(35)  Rabbit

Rabbit(東京都品川区)は学習院大学初の大学発ベンチャー。マイクロソフトOfficeのアプリ「Word」「Excel」「PowerPoint」教育講座の企画・運営を手がける。2013年に学習院大学経済学部経営学科1年生だった豊久凌仙社長が設立した。

記事を読む
株式市場から「退出」企業が増加中、有名どころもごろごろ

株式市場から「退出」企業が増加中、有名どころもごろごろ

株式市場から「退出」する企業が増えている。今年上期(1~6月)の東京証券取引所の上場廃止は40社を数え、前年を2割ほど上回る。経営統合、経営陣による買収、業績悪化、親子上場の解消など理由はさまざまだが、その顔ぶれは有名どころが少なくない。

記事を読む
「ワクチン接種」をビジネスチャンスに「アパホテル」などが新商品を投入

「ワクチン接種」をビジネスチャンスに「アパホテル」などが新商品を投入

新型コロナウイルスワクチンの接種年齢が引き下げられるのに伴って、新商品を投入する動きが活発化してきた。ワクチン接種ビジネスは短期集中型なため、まもなく書き入れ時を迎えそうだ。

記事を読む
ホンダ撤退で燃料電池車(FCV)の未来に「赤信号」

ホンダ撤退で燃料電池車(FCV)の未来に「赤信号」

ホンダが燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエル セル」の生産を年内に停止する。米ゼネラル・モーターズ(GM)とのFCV共同開発は継続するが、商用車向けが中心になるとみられる。FCV乗用車の開発からは、事実上撤退することになりそうだ。

記事を読む
中小企業によるM&Aが増加している理由とは?

中小企業によるM&Aが増加している理由とは?

近年のM&Aは、中小企業、とりわけ小規模事業者による「スモールM&A」と呼ばれるものが多くなっています。その最大の理由は、中小企業経営者の高齢化とそれに伴う後継者難、そしてM&Aに対する中小企業経営者の意識変化などによります。

記事を読む
【綿半ホールディングス】「400年企業」がM&Aで変革に挑む

【綿半ホールディングス】「400年企業」がM&Aで変革に挑む

長野県を代表する企業グループの綿半ホールディングス。「綿半」の二文字は県内で絶大なブランド力を誇り、その歴史は400年に及ぶ。現在はスーパー・ホームセンターなど小売事業を主力に、建設事業や貿易事業を展開する。近年、M&Aを連発している。

記事を読む
下水で新型コロナ「変異株」の発生動向を把握「塩野義」がサービスを開始

下水で新型コロナ「変異株」の発生動向を把握「塩野義」がサービスを開始

塩野義製薬は、下水中に含まれる新型コロナウイルスの濃度を定期的に測定することで、対象地域での新型コロナウイルスの感染状況や変異株の発生動向などの早期検知が可能となる調査サービスを始めた。

記事を読む
エルサルバドルに続け!途上国にビットコイン「採掘ブーム」到来

エルサルバドルに続け!途上国にビットコイン「採掘ブーム」到来

中米エルサルバドルで仮想通貨「ビットコイン」が米ドルと並ぶ法定通貨となった。注目すべきはビットコインの流通が公的に認められたことよりも、エルサルバドルが国家事業としてビットコインの「採掘」に乗り出すことだろう。その他の国の参入もありそうだ。

記事を読む
M&A促進 改正産業競争力強化法などが施行

M&A促進 改正産業競争力強化法などが施行

政府は6月16日、改正産業競争力強化法など関連6法(中小企業等経営強化法、中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律など)を施行した。ポストコロナの「新たな日常」に向けた事業再構築や中小企業のM&Aの円滑化などを促す。

記事を読む
うなぎと唐揚げがタッグ、その味は?楽しい「おうちごはん」の実現で提携

うなぎと唐揚げがタッグ、その味は?楽しい「おうちごはん」の実現で提携

うな丼店の「名代 宇奈とと」を展開するG-FACTORYは、唐揚げ丼店の「伝説のすた丼屋」などを展開するアントワークスと業務提携し、料理の相互販売やコラボ商品の開発などに乗り出した。

記事を読む