トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >日立も撤退!世界帝国を築いた国産テレビが凋落した「真の理由」

日立も撤退!世界帝国を築いた国産テレビが凋落した「真の理由」

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日立製作所<6501>が薄型テレビの国内販売を2018年10月中旬に終了すると発表した。日立は国産テレビ市場が立ち上がった1950年代後半から自社ブランドのテレビを生産・販売し、現在は薄型液晶テレビの「Wooo(ウー)」を販売している。

相次ぐテレビ事業からの「撤退」

同社は2012年に薄型テレビの国内生産を終了しており、現在は他社からOEM調達した製品を販売している。今後はソニー<6758>との業務提携を強化し、日立系の家電販売店ではソニーの薄型テレビ「BRAVIA(ブラビア)」を扱う...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY