M&A速報

東芝、傘下の東芝デバイス&ストレージで実施した早期退職に452人応募

2021/02/12

東芝は12日、傘下の東芝デバイス&ストレージ(TDSC、東京都港区)で実施した早期退職優遇制度に452人の応募があったと発表した。TDSCはシステムLSI(大規模集積回路)からの撤退に伴い、2020年12月8日~21年2月5日に早期退職を募った。退職日は2月28日。早期退職募集と同時に進めるグループ内での人員再配置では372人が対象となった。

TDSCは2017年に東芝の社内カンパニーから独立し、半導体製品とストレージ(記憶装置)を主力事業とする。同社は2019年にもLSI事業の構造改革の一環として350人規模の早期退職(応募414人)を実施している。

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年6月5日
東芝クライアントソリューション(株)
4,005
2
2018年4月16日
東芝セキュリティ(株)
2,600
3
2018年2月28日
TOPS ホールディングス(株)
東芝プラットフォームソリューション(株)
非公表
4
2018年1月18日
LC SPV ACQUISITION LLC
LC Collateral SPV LLC
11,300
5
2017年12月6日
プロバスケットボールクラブ「東芝川崎ブレイブサンダース」
非公表
6
2017年11月14日
青島海信電器股份有限公司
東芝映像ソリューション(株)
12,900

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5