東芝(東京都)は、子会社で家庭用電気機械器具(冷蔵庫、洗濯機、テレビなど)の開発、製造、販売等を行う東芝ライフスタイル(東京都、売上高2673億円、営業損益△604億円、純資産△654億円、以下TLSC)の株式80.1%を、美的集団股份有限公司(中国・広東、純資産約9806億円、以下美的)の子会社に譲渡する株式譲渡契約を締結した。

東芝は、家庭電器事業に対する同社単独での更なる経営資源の投入及び競争力強化施策の実行が困難な状況であることを鑑み、TLSCの競争力・企業価値を高めることができるパートナーを迎え入れることが事業の継続性の観点から最適と判断した。

なお、現在TLSCが保有する映像事業(売上高1917億円、営業損益△321億円)は、株式譲渡日に東芝の子会社である東芝メディア機器に、会社分割により承継する。

株式譲渡価額は約537億円。

株式譲渡実行日は、平成28年6月30日。

東芝は引き続きTLSC株式の19.9%を保有するが、株式譲渡日から8年経過以降に当該持分について行使可能なプット・オプション(同社保有)及びコール・オプション(美的保有)に関する契約を美的と締結する予定。