ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

​2020年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

alt

3.2020年第1四半期の主なTOB

◆表3 話題となったTOB(買収プレミアムは3カ月平均株価で算出)

対象企業名 買付者 プレミアム 成否
前田道路 前田総合インフラ 54.54% 成立

前田道路は前田建設工業の持ち分法適用関連会社(出資比率24.68%)だった。2020年1月20日に前田建設工業がいきなりTOBを発表。これに対して前田道路は反対意見を表明し、前田建設工業が保有する全株式を自己株取得して同社との資本関係の解消を提案する書面を送付した。前田道路は対抗策として、手元資金の約6割に当たる535億円の特別配当や同業最大手のNIPPO<1881>との資本業務提携の協議入りなどで前田建設工業を牽制。応募期限が迫った3月上旬に前田道路がインフラ運営事業での協業検討を提案するなど歩み寄ったがTOBは継続。2020年3月12日に応募数は3621万株と買い付けの上限(2181万1300株)を上回り、TOBは成立。前田建設工業の出資比率は51%となり、連結子会社に。買付総額は861億5500万円。

対象企業名 買付者 プレミアム 成否
東芝機械 シティインデックスイレブンス 不成立

旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが芝浦機械(4月1日に東芝機械から社名変更)に対して約259億円を投じて芝浦機械株の約44%の取得を目指してTOBを開始。旧東芝機械が3月27日に開催した臨時株主総会で旧村上ファンド側の持ち株比率を引き下げる買収防衛策の導入が承認されたため、4月2日にシティインデックスイレブンスが撤退を表明した。買付価格は1株3456円だったが、芝浦機械の株価がTOB発表時の3300円台から新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで2000円前後まで下落。市場価格と買付価格との乖離が拡大し「高値づかみ」の構図となっていたこともTOB撤回の判断につながったとみられる。

4.買収プレミアム(TOB)の推移

◆表4 買収プレミアムの推移(非上場および不成立案件を除く)

総プレミアム平均 ポジティブプレミアム平均*
2014年 25.40% 36.70%
2015年 29.20% 39.90%
2016年 26.36% 40.85%
2017年 23.32% 34.90%
2018年 26.65% 35.76%
2019年 32.64% 35.05%
2020年1Q 31.40% 34.16%

*ポジティブプレミアム平均は、ディスカウントTOBを除く

5.買収プレミアム(TOB)の分布水準

◆表5 TOBプレミアムの構成比(非上場および不成立案件を除く)

【ご利用上の注意】

※2020年1月1日から2020年3月31日に公開買付が開始された案件を集計対象としている。ただし自社株TOBは対象外である。
※プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価(終値)としている。
※プレミアム算定に非上場企業、不成立、公開買付中の案件は含まれない。

本レポートに掲載されております情報は、内容及び正確さに細心の注意をはらい、万全を期しておりますが、人為的なミスや機械的なミス、調査過程におけるミスなどで誤りがある可能性があります。M&A Online編集部(運営会社:株式会社ストライク)は当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負うものではありません。

データ・文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【M&A判例】レックス・ホールディングス株式取得価格決定申立事件

【M&A判例】レックス・ホールディングス株式取得価格決定申立事件

2020/03/25

株式公開買付け(TOB)による完全子会社化を目指す場合、「スクイーズアウト」することが多々あります。そこで問題となるのが「株式取得価格」です。今回は買い取り価格が争点となったレックス・ホールディングスの裁判事例をご紹介します。

関連のM&Aニュース