日本風力開発(株)(以下「日本風力開発」)は、100%連結子会社である吹越台地風力開発(株) (売上高0円、営業利益△74万7000円、純資産△5340万円、以下「HWD」)が、前田建設工業(株)(以下「前田建設」)を割当先とする第三者割当による新株発行を行うことを決議した。連結子会社から持分法適用会社となる。また、あわせて日本風力開発が保有するHWDに対する債権について、債権の株式化を行うことを決議した。第三者割当増資及びデット・エクイティ・スワップ方式による増資後の所有割合は、前田建設が60%、日本風力開発が40%。

日本風力開発は、連結子会社である二又風力開発(株)に続く2番目の「蓄電池併設型風力発電所」として、吹越台地風力発電プロジェクトの早期稼働を目指せることとなり、結果として日本風力開発の企業価値向上に資すると判断して、今回の決議を行ったとしている。

発行総額は6億円(3億円を資本金へ、3億円を資本準備金へ組み入れ)。

払込予定期日及び効力発生予定日は2014年3月12日。