日立化成は米子会社を通じて、米国で再生医療用細胞を受託製造するPCT, LLC, a Caladrius Company(ニュージャージー州。売上高30億円、営業利益△2億円、純資産28億円)を完全子会社化することを決議した。現在の株式所有割合は19.9%。

PCLは再生医療製品の開発を手がける米Caladrius Biosciences, Inc.(ニュージャージー州)の子会社。日立化成はPCTのリソースと日立化成グループのノウハウを融合し、シナジー(相乗効果)創出を図る。また日立グループの細胞製造用装置、生産設備などを活用し、高品質の細胞を低コストで製造する技術開発を目指す。

取得価額は約88億円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2017年5月中。