日立化成工業は、プリント配線板の主要基材である銅張積層板を製造するMica-Ava (Far East)

Industrial Limited(香港。売上高62億1000万円)とMica-Ava (Guangzhou) Material Company Limited(広州。売上高42億8000万円)の株式を取得し、子会社化する。現在6.3%の所有率を75.0%に引き上げる。

日立化成工業はMica-Ava(Far East)に銅張積層板の生産を委託してきたが、委託生産では売上拡大のための原価低減には限界があり、新製品の投入も難しい状況だった。また、中国の配線板市場は今後も成長が見込まれ、特に同国南部ではインフラ、サーバー、ルーター用配線板の世界の工場と称される。2社を取得することにより、同地域への供給体制を確立し売上拡大を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2011年9月下旬。