1.2020年第1四半期のTOB総評

◆TOB件数は15件(前年同期と同じ)、買付総額は1兆5722億9800万円(前年同期は2893億8500万円)だった。(表1)

◆このうちMBO件数は全体の33.3%に当たる5件だった。(表2)

◆注目されたTOBは前田建設工業<1824>が子会社の前田総合インフラ(東京都千代田区)を通じて前田道路<1883>を敵対的TOBで子会社化した案件(成立)と、旧村上ファンド系投資ファンドののシティインデックスイレブンスが芝浦機械(旧・東芝機械)に仕掛けた敵対的TOB(不成立)の2件。(表3)

◆TOB買付総額のトップは昭和電工<4004>が子会社のHCホールディングス(東京都港区)を通じて日立化成<4217>を子会社化した8445億7000万円。2位は日立製作所<6501>が子会社の日立ハイテク<8036>を完全子会社化した4271億1600万円。3位は前田建設工業が前田道路を子会社化した861億5500万円だった。

◆総プレミアム平均は31.40%(前年同期31.45%)、ポジティブプレミアム平均は34.16%(同35.40%)だった(表4)。50%を超えるプレミアムのTOBは三菱ガス化学<4182>による日本ユピカ<7891>のTOB(117.86%)と、前田建設工業による前田道路のTOB(54.54%)の2件(前年同期と同じ)。(表5)

2-1.TOB件数の推移

◆表1 TOB件数の推移(届出ベース、公開買付開始日が2020年1月1日~3月30日 非上場および不成立案件含む)

TOB件数推移
*積上グラフは下から第1四半期(水色)、第2四半期(黄色)、第3四半期(灰色)、第4四半期(緑色)

2-2.MBO件数の推移

◆表2 MBO件数の推移(届出ベース、非上場および不成立案件含む)