化学メーカーの日立化成は、イタリアで自動車用および産業用鉛蓄電池、自動車用ホーン、アンテナ他の製造・販売を行うFIAMM S.p.A(以下、フィアム社)より鉛蓄電池事業を分割し引き継いだFIAMM Energy Technology S.p.A(売上高481億円、営業利益22億円、純資産56億円)の株式51.0%を買収し、子会社化する契約を締結することを決定。

日立化成は、今回の契約締結により、フィアム社のブランド力や製造拠点、販売網などを活用し、欧州、米国、東南アジアにおける事業の強化を図ると共に、製品力を強化し、欧州などにおけるシェアの拡大を図る。

株式取得価額は102億円(アドバイザリー費用等含む)。

譲渡実行予定日は平成29年2月中。