M&A速報

日立化成<4217>、FIAMM S.p.Aより自動車用及び産業用鉛蓄電池事業を譲受

2016/11/28

化学メーカーの日立化成は、イタリアで自動車用および産業用鉛蓄電池、自動車用ホーン、アンテナ他の製造・販売を行うFIAMM S.p.A(以下、フィアム社)より鉛蓄電池事業を分割し引き継いだFIAMM Energy Technology S.p.A(売上高481億円、営業利益22億円、純資産56億円)の株式51.0%を買収し、子会社化する契約を締結することを決定。

日立化成は、今回の契約締結により、フィアム社のブランド力や製造拠点、販売網などを活用し、欧州、米国、東南アジアにおける事業の強化を図ると共に、製品力を強化し、欧州などにおけるシェアの拡大を図る。

株式取得価額は102億円(アドバイザリー費用等含む)。

譲渡実行予定日は平成29年2月中。

M&Aデータベース

関連の記事

​2020年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2020年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

2020/06/11

2020年第1四半期のTOB件数は15件、買付総額は1兆5722億9800万円(前年同期は2893億8500万円)だ。このうちMBO件数は全体の33.3%に当たる5件。総プレミアム平均は31.40%、ポジティブプレミアム平均は34.16%。

【M&Aサマリー12月】前年と同数の77件、大型案件が続出|昭和電工は9600億円で日立化成を買収

【M&Aサマリー12月】前年と同数の77件、大型案件が続出|昭和電工は9600億円で日立化成を買収

2020/01/09

2019年12月のM&Aは前年同月と同数の77件だった。目立つのが大型M&Aの集中。昭和電工が9640億円を投じて日立化成を子会社化するのをはじめ、買収金額が1000億円超の案件は6件あり、このうち4件が年間ランキングのトップ10に入った。

大型M&Aが最高潮、12月だけで年間トップ10に4件ランクイン

大型M&Aが最高潮、12月だけで年間トップ10に4件ランクイン

2019/12/20

年の瀬を迎えて、M&A市場が最高潮の盛り上がりを見せている。12月公表分だけで、年間ランキングのトップ10に入る大型買収案件が4件。買い手には昭和電工、アステラス製薬、いすゞ自動車、富士フイルムが並び、次点(11位)にHOYAが食い込む。

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017/12/28

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A は20に迫る件数となった。

M&A速報検索

クリア