年の瀬を迎えて、M&A市場が最高潮の盛り上がりを見せている。12月公表分だけで、今年の年間ランキングのトップ10に入る大型買収案件が4件に上り、9640億円で日立化成を子会社化する昭和電工をはじめ、アステラス製薬、いすゞ自動車、富士フイルムホールディングスと買い手には錚々たる顔ぶれが並ぶ。次点(11位)にはHOYAが食い込む。1年を締めくくる12月は例年、大型M&Aが集中するが、今年はその傾向が顕著に表れた形だ。

アステラス製薬が3200億円で先陣

先陣を切ったのがアステラス製薬。12月3日、米バイオテクノロジー企業のオーデンテス・セラピューティクスを買収すると発表した。買収金額は約30億ドル(約3200億円)で、この時点で今年5位にランクインする大型案件だった。

オーデンテスは2012年に設立した米ジャスダック上場の新興企業。アステラスはTOB株式公開買い付け)を行い、2020年1~3月の買収完了を見込む。今後の成長領域と位置づける遺伝子治療薬事業を強化するのが狙い。

米バイオ企業を約3200億円で買収するアステラス製薬(東京・日本橋本町)

HOYA…“幻のTOB”の可能性も

「すわっ、争奪戦か」。こんな声が飛び交ったのが東芝グループの半導体製造装置メーカー、ニューフレアテクノロジーに対するHOYAのTOB計画(13日発表)。実はニューフレアを巡っては東芝が親子上場解消の一環として完全子会社化を目的とするTOBを12月25日まで実施中で、HOYAが敵対的TOBを仕掛ける構図となったのだ。

HOYAは東芝のTOBが不成立になった場合に、2020年4月をめどにTOBを開始する予定。最大1477億円を投じて完全子会社化を目指す。その場合も、ニューフレアの株式52%強を保有する東芝がHOYAのTOBに応じることが前提条件となる。HOYAはニューフレア株の買付価格について、東芝側を1000円上回る1万2900円を提示した。

東芝のTOB実施中に対抗TOBを発表した理由について、2017年から協業に関する話し合いを複数回打診したにもかかわらず、回答がなかったためとしている。ただ、東芝のTOBが成立すれば、HOYAの案件は“幻のTOB”となる。

◎2019年M&A:金額上位10傑(青字は12月公表分)

1 アサヒグループHD、豪ビール大手カールトン&ユナイテッド・ブルワリーズを子会社化(1兆2096億円)
2昭和電工、日立化成をTOBで子会社化(9640億円)
3ソフトバンク、インターネット検索大手のヤフー(現Zホールディングス)を子会社化(4564億円)
4ヤフー(現Zホールディングス)、衣料品通販サイトのZOZOをTOBで子会社化(4007億円)
5東京センチュリー、米航空機リース大手のアビエーション・キャピタル・グループを子会社化(3213億円)
6アステラス製薬、米バイオ企業のオーデンテス・セラピューティクスを子会社化(3200億円)
7日本ペイントHD、豪の塗料最大手デュラックスグループを子会社化(3005億円)
8いすゞ自動車、ボルボ子会社のUDトラックスを子会社化(※2500億円程度)
9     大日本住友製薬、欧州の創薬ベンチャーであるロイバント・サイエンシズ(英、スイスに本社)の新薬開発子会社5社を買収(2240億円)
10富士フイルムHD、日立製作所から画像診断関連事業を取得(1790億円)
次点HOYA、ニューフレアテクノロジーをTOBで子会社化(1477億円)

※いすゞ自動車の買収金額は未確定。事業価値に基づく。HDはホールディングス。