1.2020年第3四半期のTOB総評

TOB件数は前年同期よりも3件、今第2四半期よりも3件多い12件で、第3四半期としては2010年以降の11年間では2011年の21件、2016年の14件に次ぐ3番目(2010年、2018年と同件数)の水準だった。

2-1.TOB件数の推移と成否

第1-3四半期累計では36件と、前年同期累計の29件を7件上回っている。2019年通年実績の46件には、あと10件にまで迫っている。(図表1)

◆図表1 TOB件数の推移
(届出ベース 公開買付開始日が2020年7月1日~9月30日 非上場および不成立案件含む)

TOB件数の推移
*積上グラフは下から第1四半期(水色)、第2四半期(黄色)、第3四半期(灰色)、第4四半期(緑色)

全12件中66.6%に当たる8件は成立、残る33.3%の4件は進行中となっている。第1-3四半期累計では30件が成立、1件が不成立、5件が進行中だ。(図表2)

◆図表2 TOB成否(2020年10月20日現在)

TOB件数と成否

経営陣が反対する敵対的TOBはコロワイド<7616>による大戸屋ホールディングス<2705>のTOB1件で、9月8日に成立した。

2-2.MBO件数の推移

MBO(経営陣による買収)件数はTOB全体の8.3%に当たる1件だった。今第2四半期(2件)よりも1件少なかったが、第1−3四半期累計では8件とすでに前年累計の6件を上回っている。(図表3)

◆図表3 MBO件数の推移
(届出ベース 非上場および不成立案件含む)

MBO件数の推移