2020年9月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比8件減の61件だった。前年を下回るのは2カ月連続。前月比では7件減った。新型コロナの状況下、1~9月の累計件数では前年と同水準を維持しているものの、足元では一服感が広がってきた形だ。

そうした中、傘下の英半導体設計大手、アーム(ARM)を4.2兆円で売却するソフトバンクグループ(SBG)の案件は日本企業によるM&Aとして歴代2位となった。

例年、10~12月(第4四半期)は年間を通じて最もM&Aが集中する。今年もそのセオリーが当てはまるのか、コロナ感染の収束が見通せない中、今後3カ月の動向が注目される。

1~9月、累計件数は前年水準をキープ

全上場企業に義務づけられた東証適時開示情報のうち、経営権の異動を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A Online編集部が集計した。

9月のM&Aの総開示件数61件の内訳は買収45件、売却16件(買収側と売却側の双方が開示した場合は買収側でカウント)。このうち海外案件は9件(買収4、売却5件)だった。

月間のM&A件数は前月(8月)に4月以来4カ月ぶりに前年を下回った。9月も前年に届かず、2カ月連続でマイナスとなったものの、9月を過去10年でみると、今年の61件は5番目で一定の水準を保っている。

また、1~9月の累計は605件で、前年同期(604件)と同水準を維持している。今年のM&A市場は新型コロナの逆風下、国境を超える海外案件が低調ながら、国内案件が底堅く推移し、件数を押し上げてきた。前年は最終的に年間841件と過去10年で最多を記録したが、9月末時点で今年もハイレベルにある。

件数にややかげりが出る中、金額面は小型化の傾向が続いている。9月の取引金額10億円超のM&Aは12件。3カ月連続で10件以上となったが、コロナ以前の月間20件前後にはほど遠い。

8月のセブン&アイに続き、破格案件が出現

ただ、単発では前月に続き、9月も金額が突出する超大型案件が発生。SBGは9月14日、傘下の英半導体設計大手アームの全株式を、米半導体大手のエヌビディアに最大400億ドル(約4.2兆円)で売却すると発表した。

8月にはセブン&アイ・ホールディングスが米コンビニ大手スピードウェイを2.2兆円で買収することを決めたばかり。この結果、1~9月までの取引金額は9兆6860億円に跳ね上がり、前年同期(4兆7600億円)の2倍に達する。

SBGは2016年9月にアームを約3.3兆円で買収した。今回の売却で9000億円規模の差益を得ることになる。売却完了は2022年3月ごろを見込む。

そのSBGはさらにもう1件の売却を発表した。2014年に約1100億円で買収した携帯端末卸販売の米ブライトスターがそれだ。相手は米投資ファンド。売却金額は明らかにしていない。