ユニー・ファミリーマートホールディングスは、惣菜・弁当製造のカネ美食品(名古屋市。売上高882億円、営業利益4億9800万円、純資産269億円)の株式を取得し子会社化することを決議した。株式の所有比率(議決権ベース)を25.05%から52.47%に引き上げる。

カネ美食品は1971年設立で、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社であるファミリーマート(東京都港区)の重要な取り引き先の1つ。子会社化により、ユニー店舗内に出店しているカネ美食品の惣菜売場を改革するほか、カネ美食品がファミリーマート向けに製造している中食商品の製造についてノウハウを共有し、製造過程の見直しなどを実施する。中食商品の品質向上によりグループ全体の一層の収益力向上を目指す。

取得価額は87億3000万円。取得予定は2017年7月末日まで。